Aグループ
都田名球会
オールラバーズ
横浜タイガース
ブラックス
Sprout Stars
紫光倶楽部
GIANⅡ
【Sawayaka-League 2016】

Aグループ 都田 全愛 横虎 真黒 若星 紫光 GⅡ 勝敗分 勝点 得失点
都田名球会 -------- 4-1
3-2
15-1
3-4
2-1
8-2
5-1-0 15 24
オールラバーズ 1-4
-------- 7-0
8-3
1-5
7-3
7-1
4-2-0 12 15
横浜タイガース 2-3
0-7
-------- 0-6
0-11
7-1
2-7
1-5-0 3 -24
ブラックス 1-15
3-8
6-0
-------- 3-10
4-7
0-19
1-5-0 3 -42
Sprout Stars 4-3
5-1
11-0
10-3
-------- 7-1
0-10
5-1-0 15 19
紫光倶楽部 1-2
3-7
1-7
7-4
1-7
-------- 0-14
1-5-0 3 -28
GIANⅡ 2-8
1-7
7-2
19-0
10-0
14-0
-------- 4-2-0 12 36
【Sawayaka-League 2016】 

GROUP Cへ    GROUP Bへ

new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif

contents_border_ft.png

DSC_0216.JPG

【第1戦】
GIANⅡ vs 紫光倶楽部

G2VSSHIKO.png

    勝利投手:若槻(GⅡ) 1勝
    敗戦投手:梨本(紫光) 1敗
    本塁打 :津田(GⅡ) 1号

2016.3.6 厚木SELグラウンド

開会式から引き続き2016年の開幕戦!
結果はGIANⅡの勝利。
紫光倶楽部は前半のチャンスを逃したのが響いたか・・・次戦初勝利を狙う!

【紫光倶楽部談】
さすがです。ミスはことごとく得点された感じです。
残り試合は、頑張ります!

【GIANⅡ談】
序盤は紫光さんの変化球に惑わされ苦労しました。
たまたまホームランが出たのでリズムに乗れましたが、逆にホームランという打球があり、流れを持って行かれる可能性もありました。
まずは1勝できたので、2年連続総合優勝に向けて精進していきます!

contents_border_ft.png

CIMG1017.JPG

【第2戦】
紫光倶楽部 vs Sprout Stars

紫光vsスプラウトスターズ.png

    勝利投手:塩川(若星) 1勝
    敗戦投手:伊藤(紫光) 1敗

2016.3.20 長坂谷公園野球場

Aグループ、2試合連続で登場の紫光倶楽部。対するは初登場のSprout Stars(スプラウトスターズ)。
紫光倶楽部は2回、1アウトから6番伊藤のセンター前ヒットを足掛かりに2アウト満塁とスプラウト先発の塩川を攻め立てる。ここで先頭バッタ-の小林が四球をもぎ取り押出しで1点先制!なおも満塁。追加点が取れればかなり有利な展開だったが後続が倒れ1点止まり。
両チームに嫌なムードが漂う・・・。
そして、3回裏、スプラウトの攻撃。9番小笹からも二人が倒れ2アウト。しかしスプラウトの反撃はここからだった!2番嶋田のセンター前ヒットから連続3連打でまず同点!続く榊、宗清航が四死球で繋ぎ逆転に成功。さらに紫光のミスも重なり一挙7点奪取。
その後は両チームリリーフがきっちり抑えゲームセット。
紫光倶楽部は2回のチャンスで大量得点できず流れを相手に渡してしまう形になってしまい3回2アウトからの7失点。衝撃の3回となってしまった(T_T)。このダメージを早く払拭し、次週対戦のオールラバーズを迎えたいところ。
スプラウトスターズは1度きりのチャンスを逃さず大量得点に結び付けて逆転勝利。ドキドキの初戦を白星で飾る。

【紫光倶楽部談】
今日のMVPは、審判の一球のジャッチで試合が決まりました。その後に内野陣の集中力が切れ、大量失点に繋がってしまった。若く礼儀正しいチームで気持ち良く試合が出来ました。また、機会がありましたら、練習試合をやりましょう。

【Sprout Stars談】
押し出しで先制され、嫌な流れでしたが、チャンスに大量得点し、そのまま逃げ切った形です。幸先良いスタートが切れて、よかったです。

CIMG1018.JPG

contents_border_ft.png

DSC01282.JPG

【第3戦】
紫光倶楽部 vs ALL LOVERS

SHIKOUVSALLLOVE.png

    勝利投手:池谷(全愛) 1勝
    敗戦投手:本山(紫光) 1敗

2016.3.27 新横浜公園野球場

Aグループ、3試合連続で登場のグラウンドは確保して、試合消化を最優先でこなす超優良クラブ、紫光倶楽部。対するは初登場のALL LOVERS(オールラバーズ)。
紫光倶楽部は初回、先頭の小林が四球で出塁し、エラー絡みで幸先よく1点先制!リーグ初勝利がちらつく・・・。だが、その裏、先発の本山が同じく先頭長澤雄に四球を与え同じような展開で1点を与える。オールラバーズもすかさず同点に追いつき試合はふりだしに。
3回、紫光は原口の四球を皮切りにミスや四死球に付け込み2点を追加し勝ち越し!また、初勝利がちらつく。しかし、しかし。オールラバーズも負けてない!
すかさずその裏に福田がエラーで出塁。そこから安打、四死球を絡めて3点を奪い逆転に成功!4回にも藤井のタイムリーなどで3点を追加し勝負あり。
オールラバーズは相手のミスを逃さず得点に結び付け逆転勝利。
紫光倶楽部は2試合連続の逆転負け・・・。チームにコンバートの嵐が吹き荒れる!?

【紫光倶楽部談】
ラバーズさんのすきのない野球を見習いと思います。
ひとまず、3戦終えてサードとショートでアウトに出来ないのが原因と思い、4戦目からはコンバートをして戦いたいと思います。

【ALL LOVERS談】
ようやく迎える事の出来た開幕戦でしたが、主将をはじめ主戦を多数欠く苦しい台所事情。初めて経験するほど狭いストライクゾーンにも苦しみ、常に走者を置く苦しい展開も、大量失点にはつながらずどうにか勝利することが出来ました。打撃面ではクリーンヒットが1本と淋しい限りの内容でしたが「機動破壊」でかき回す事は出来ました。紫光倶楽部さん、グラウンド確保、審判手配ありがとうございました。

DSC01280.JPG

contents_border_ft.png

20160327_名球会_集合ph.jpg

【第4戦】
都田名球会 vs 横浜タイガース

都田VSタイガース.png

    勝利投手:天冨(都田)  1勝 セーブ:石渡智(都田) 1S
    敗戦投手:長谷川(横虎) 1敗

2016.3.27 相模三川公園野球場

お待たせしました。リーグご意見番S氏が所属する都田名球会の登場です。
対するは超社会人級投手を擁する横浜タイガース。リーグ初戦に臨みます。
初回、2回とそれぞれ先制のチャンスを迎えるも好守に阻まれ得点できず。
均衡を破ったのはリーグきっての大型捕手、都田名球会の山村。タイムリーツーベースなどで2点を先制!!自他共に認める貧打の都田がまさかのタイムリーで今シーズン初得点。
さらに5回、またしても山村の犠牲フライで貴重な追加点。このまま完封勝利か!?と思われたところで、横浜タイガースの猛反撃!!長谷川のヒットを足掛かりに金子、杉本の連打と相手のミスが重なり2点奪取!さあ、あと1点、というところで4番の梅木・・・が、あえなく凡退で勝負あり。
都田名球会は2016年初戦を勝利で飾る。(ご意見番S氏は1番で先発出場も見せ場なし!?)投手石渡智は今年も健在。9つのアウト中7つを三振で奪う快投。天冨も万全の投球。今年の都田は死角無し!?
横浜タイガースはリーグ優勝2回を誇る都田を食うか!?というところまで追いつめたがあと1本が遠かった・・・。初戦は硬さがあったと思うが2戦目以降に大いに期待できる内容。
それにしても・・・・惜しかった・・・・・・・・(T_T)

【都田名球会談】
横浜タイガースさん、おつかれさまでした。活動不足の影響で、初回から牽制死や失策が続き、イヤな試合の入り方でした。得点は四球絡みが多く、横浜タイガースさんに助けられたイメージが強いですね。それにしても、長谷川さんの俊足は凄かった! もっと出塁されていたら脅威だったと思います。

【横浜タイガース談】
さわやかリーグ初参加の初戦。相手2投手にうまくタイミングを外されました・・・。最後まで投げ抜いてくれたのに援護できずに残念です。

20160327_名球会_スコア.jpg

contents_border_ft.png

集合写真.jpg

【第5戦】
アベンジャーズ vs Sprout Stars

アベンジャーズvsスプラウト.png

    勝利投手: -
    敗戦投手: -
    本塁打 :野本(アベ) 1号

2016.3.27 富岡西公園野球場

この日Aグループ三試合目。
昨年の総合2位、アベンジャーズの登場!対するは今期2戦目のスプラウトスターズ。
1勝して勢いに乗るスプラウトか!?総合2位の実力派、アベンジャーズか!?
スプラウト先発は前回紫光倶楽部を1点に抑えた塩川。
強打アベンジャーズ打線を2回までゼロで抑える。
一方、アベンジャーズ先発はリーグ屈指の好投手倉形。コースをつくコントロールは絶品。こちらも2回までイケイケスプラウト打線をゼロで抑える。
3回、両チームのスコアが動く。アベンジャーズは1OUTから四球で出塁した高嶋を4番松木がタイムリーで向かい入れ、1点を先制!スプラウトもその裏、宗清(ムネキヨ)右京のタイムリーですかさず同点に!勢いに乗ったスプラウトは続く4回、宗清航、田島の連打と相手ミスを突き3点を追加し勝ち越しに成功!しかし、この試合はここで終わらない。
ビハインドのアベンジャーズは1OUTから3連続四死球と倉形、西崎、柾谷の3連打で一気に同点に追いつく!再び並んだ両者。
5回のスプラウト、庭田が犠牲フライで再び勝ち越し!これで決着かと思われた最終回、劇的弾が飛び出す。最終回も2OUTランナーなし。敗戦濃厚なアベンジャーズを救ったのは野本の一撃だった。これで息を吹き返した倉形。最終回を3者凡退に閉めてゲームセット。2016年シーズン初の引き分けとなった。

【アベンジャーズ談】
大会初戦ということもあり両チームとも最初は動きが硬かったが回を重ねるごとに好プレーもあり良い試合だった。

【Sprout Stars談】
投手陣が制球に苦しみ、無駄な失点に繋がってしまいました。緊迫したいいゲーム、ありがとうございました!

スコアボード.jpg

contents_border_ft.png

RIMG0389.JPG

【第6戦】
都田名球会 vs ALL LOVERS

オールラバーズVS都田.png

    勝利投手: 山村(都田) 1勝
    敗戦投手: 藤井(全愛) 1敗
    本塁打 :南(都田) 1号

2016.4.10 大田区ガス橋緑地グラウンド

初回に南のスイング一閃!!ツーランホームランで始まった都田vsオールラバーズ
オールラバーズ藤井は安打が南のホームランのみと、圧巻のピッチング。二番手池谷も2安打ピッチング。それでも打線の援護は1点のみとなり、さわやかリーグ2戦目で敗戦・・・。
しかし、随所に足を絡めた積極野球で、これからも目が離せない!!
都田先発の山村はコントロール重視で要所を締め、完投勝利。荒れる山村が荒れない山村にバージョンチェンジ。今年は結果出すか!?

【とにかくあかるい平田談】
レベルの高い両チームの対戦。結果は4-1と都田の勝利となった。
だがしかし、まだまだ強敵揃い。都田は勝って兜の尾を締めよ。
オールラバーズはたかが1敗。まだまだ先は長いから取り返せるぜよ。

安心してください。とにかく明るい平田が都田のイケメン南をメロメロにしちゃいます。
南さん、安心してください。私どちらでも行けますよ~(*^_^*)

RIMG0388.JPG

contents_border_ft.png

image2TIGARS.JPG

【第7戦】
横浜タイガース vs Sprout Stars

タイガースvsスプラウト.png

    勝利投手: 嶋田(若星) 1勝
    敗戦投手: 牧野(横虎) 1敗

2016.4.10 みどり山野球場

2016年初ナイターはこの試合、まずは1勝を目指す、横浜タイガースと1勝1分の負けなしスプラウトスターズの対戦!
こちらは思わぬ展開に・・・
スプラウトは初回、連続四球と安打を絡めいきなり4点を先制!タイガース先発の牧野を攻め立てる。
さらに3回、4回と立て続けに得点し、気が付けば11点。
対する横浜タイガースも食い下がるが、ここぞで拙攻が続き得点できず・・・(T_T)
結果的にはスプラウト嶋田に完封を喫し、リーグ戦2敗目となる。
今回は投打がかみ合わず敗戦もあと1本がでれば流れが変わるはず。まずは1勝目を目指し次戦へ・・・

【Sprout Stars談】
珍しく投打が噛み合い、2勝目をあげることができました。礼儀等たくさん学ばせていただきました。ありがとうございました。

【横浜タイガース談】
初回の攻撃でレフトのレーザービームで本塁アウト。
その裏しっかりと1、2番が四球で出塁し3、4番が返すといったお手本のような攻撃で
勢いを持っていかれました。
先発嶋田さんのテンポの良いピッチングでなかなか流れを取り戻せずにゲームセット、、、
惨敗です。

image1TIGERS.JPG

contents_border_ft.png

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE.jpg

【第8戦】
紫光倶楽部 vs 横浜ブラックス

紫光vsブラックス.png

    勝利投手: 本山(紫光) 1勝1敗
    敗戦投手: 松本(真黒) 1敗

2016.4.10 新横浜公園野球場

毎週のように登場!紫光倶楽部。対するは一昨年の覇者、横浜ブラックスとの対戦。
そろそろさわやかリーグにも慣れてきた紫光倶楽部が先制パンチ!
初回、1OUTから原口のヒットでチャンスを作ると3番清水はタイムリースリーベース!!
いきなりの1点先制。さらに4番村上の内野ゴロの間に1点追加で幸先よく2点を先制。
さらに2回、小林のタイムリーで1点を追加。3点差とする。
対するブラックスは3回、四球と相手ミスを絡めて一気に3点を奪い同点!!!
またしてもいや~なムードが紫光を襲う・・・(T_T)
しかし今日の紫光はここからが本番!とばかりに四球を絡めて清水のこの日2本目のタイムリーツーベースで2点を追加!さらに5回にも本山のタイムリーで2点を追加し勝負あり。
ブラックスは最終回に1点を返すもここでゲームセット。
紫光倶楽部は4戦目にして初勝利!コンバートもバッチリはまったか!?
横浜ブラックスは初戦を飾れず。先発照井の謎の降板も気になるぅ~(・・?。
打線も紫光本山、原口のリレーに1安打に抑えられる。
打撃浮上が勝利への鍵か!?

【紫光倶楽部談】
本日は、お疲れ様でした。また、魔の3回に四球で出したランナーをショートの、悪送球で同点にされどうなるかと思いましたが4試合目にして初勝利が出来ました。残り試合も頑張ります。
コンバートは、成功してません。残念!
横浜ブラックスさん、また機会ありましたら、宜しくお願いします。

【横浜ブラックス談】
初戦でしたが残念ながら負けてしまったので次戦は頑張りたいと思います。
投手交代は気にしないでください(笑)また、よろしくお願いいたします。

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE3.jpg

contents_border_ft.png

IMGP2465.JPG

【第9戦】
GIANⅡ vs Sprout Stars

gian2vssprout.png

    勝利投手: 若槻(GⅡ) 2勝
    敗戦投手: 塩川(若星) 1勝1敗

2016.4.17 岸根公園野球場

風が強く、西から下り坂の天気予報の中、GIANⅡ vs Sprout Starsの対戦が始まった。
GIANⅡ先発は昨年のリーグMVP若槻。対するスプラウトは目下1勝のエース塩川。
GⅡは初回、肥後の四球、若槻の内野安打を絡め2死2,3塁で先制のチャンス。ここで5番平田の打球はレフトへふらふらと打ちあがる。レフトは前日飲み過ぎて球場入り前にマーライオンの宗清右京。強風の影響を受け打球はポトリ。GⅡは2OUTから2点を先制。
さらに2回、早々に2OUTとなるも、1番加藤が死球で出塁。2番肥後がレフト前へ痛烈に弾き返す。悪送球も重なり2OUT2,3塁。ここで若槻。外角の直球をとらえると打球はレフトオーバー。さらに2点を追加する。
反撃したいスプラウトは2回、1OUTから宗清航がクリーンヒットで出塁。続く長谷川風の打球は痛烈なセンター返しも、ショートに阻まれ痛恨のゲッツー。反撃の糸口が見つけられない・・・。
G2は3回、塩川の突然の乱調に着けこみ4点を追加。その裏、1OUTから松本がクリーンヒットで出塁。続く宗清右はセーフティーを試みるも送りバントとなり2OUT2塁。得点のチャンスも嶋田の打球はセンターライナー・・・。1点が遠い。
そして最終回。ここから雨脚が強くなり制球を乱すスプラウト2番手の嶋田。再度塩川にスイッチもうまくいかず2失点。4番手佐々木が1球でゲッツーを完成で何とか切り抜け最終回の攻撃へ。
しかし、最後まで狂った歯車はかみ合わず、最後のバッター宗清航がライトフライに倒れゲームセット。
後半は雨と風のダブルパンチで完全にリズムを失ったSprout Stars。勝てば首位独走となったが、気負に変わってしまったか・・・。
2OUTからの得点で相手に流れを渡さなかったGIANⅡ。盤石の試合運びで2勝目。

【Sprout Stars談】
チームの悪いところがたくさん出た試合でした。GIANⅡさんには、声出し等学ばせていただくことがいっぱいありました。ありがとうございました。

【GIANⅡ談】
スプラウトスターズさん、後半は悪天候となりましたが、お疲れ様でした。安打3本に抑えられました・・・。若さの中に堅実なプレー。決して勢いだけでやっていない。内野の動きはさすが現役!と感動すらしました。あれがショート、あれがサードですよね!うちの内野陣にも勉強させます。外野の動きも良く本当に勉強になりました。今度は天気の良い日に試合しましょう。ありがとうございました。

IMGP2468.JPG

IMGP2466.JPG

contents_border_ft.png

【第10戦】
アベンジャース vs 横浜タイガース

ABE VS YT.png

    勝利投手: ―
    敗戦投手: ―

2016.4.17 金沢新興産業センターA面

ほぼ嵐の状態で始まった、横浜アベンジャーズ vs 横浜タイガースの横浜ダービー。
先攻のタイガースがいきなり先制パンチ。
先頭の菅原がヒットで出塁。1OUTから本田、菊池と相手のミスを誘い1点先制!
昨年準優勝投手のアベンジャーズ倉片から先制点をもぎ取る。
タイガース先発は島崎。初回は三者凡退に抑えるが、2回。暴風雨の影響か、制球を乱す。
鈴木の四球、松木のヒット、細越の四球でノーアウト満塁の大ピンチ。倉片を三振に抑え、1OUT。しかし、続く深瀬に痛恨の押出し四球で1点献上し同点。それでも後続を抑え逆転は許さない。
天候も悪化し、最終回濃厚な3回。タイガースは杉本がヒットで出塁も、後続が続かず無得点。一方、アベンジャーズは西崎、鈴木、細越の四死球で2OUT満塁、サヨナラのチャンス。
ここで本来クリーンアップを打っている投打の主役、倉片。
ブン。1ストライク。
ブン。2ストライク。
ブン。バッターアウト!!(演出上の表現で、3回空振りかはわかりません^_^;)
三振に倒れ得点ならず。ここで天候の悪化により試合続行不可能となり試合終了・・・
両チーム共に天候の影響をもろに受け消化不良も、規定により3回試合成立。ゲームセット。

【アベンジャーズ談】
タイガースの皆さん、悪天候の中、お疲れ様でした。両投手が踏ん張り接戦となりましたね。
お互いあまり実力が発揮されなかったと思いますので、また今度機会があれば試合しましょう! 
※写真は空振る【菅野選手】。当日は9番ライトで出場も写真同様、三振・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

【横浜タイガース談】
横浜ダービーでしたが、嵐の中にも関わらずも両チームのやる気でなんとか決行!
しかし3回終了時点で大雨により試合終了。うちとしては、2連敗していたので助かりました!
アベンジャーズさん、雨の中お付き合いいただき、ありがとうございました。
お互い不完全燃焼だと思うので、機会がありましたら練習試合などで完全燃焼目指しましょう!!
※写真は【林伸一郎選手】。当日はライト。暴風雨の中、還暦間近も大ハッスル!!

ABEN.jpg

YT.JPG

contents_border_ft.png

RIMG0475.JPG

【第11戦】
横浜タイガース vs ALL LOVERS

オールラバーvs横浜タイガース.png

    勝利投手: 大塚(全愛) 1勝
    敗戦投手: 島崎(横虎) 1敗
    本塁打 : 大木(全愛) 1号

2016.5.1 横山公園野球場

Aグループ11節目は未だ勝ち星に見放されている横浜タイガースvs1勝1敗の五分、オールラバーズの対戦。
鮮やかなオールラバーズの先制攻撃がタイガースを容赦なく襲う。
大木の先頭打者本塁打から始まり長澤雄のヒット、エラーを挟み藤井のツーベース、長澤広、大西の連続安打など打者一巡し、一挙5点を先制。2回にもエラーを絡め1点を追加。
対するタイガースは3回、1アウトから島崎のヒット、島袋のツーベースで2,3塁のチャンス!
しかし後続が倒れ1点を奪えない(>_<)
両チームの投手がここから踏ん張り迎えた最終回、オールラバーズは藤井の本日2本目のツーベースでチャンスを作ると長澤広の犠牲フライで1点を追加し勝負あり。
横浜タイガースは結局3回のヒット2本に抑えられ完封負けを喫する・・・。
オールラバーズは初回に畳み掛け一挙5点が試合を優位に進ませる結果になった。これで2勝目。優勝目指せる位置につける!!

【横浜タイガース談】
対戦ありがとうございました!!先頭打者ホームランはまるで真夏のビーチでシャワー浴びてるくらい爽快感ありました笑もっと勉強と練習して力つけていきます!!

【ALL LOVERS談】
横浜タイガース様、素晴らしいグラウンド提供ありがとうございました。ナックルボーラ―にやられました(;^ω^)

RIMG0476.JPG

contents_border_ft.png

【第12戦】
都田名球会 vs 横浜アベンジャース

都田vsアベンジャーズ.png

    勝利投手: 天冨(都田) 2勝
    敗戦投手: 倉形(アベ) 1敗
    本塁打 : 千葉(都田) 1号

2016.5.22 中田中央公園野球場

さわやかリーグ過去最多の優勝を誇る都田名球会と、昨年グループ優勝し、総合準優勝の横浜アベンジャーズの対戦。
どちらも攻守が整った両チームの対戦だったが、まさかの展開となった・・・。
都田は初回、監督の権限で強引に1番で出続ける庄司がヒットで出塁すると、続く千葉が四球で繋ぎ、天冨の犠打を倉形が失策してノーアウト満塁。ここで4番山村がタイムリー!鮮やかに先制!!
なおも投球が安定しない倉形に対し、城山、笠原と安打で繋ぎ気が付けば初回から5点を奪取!まんまとスタートダッシュに成功!アベンジャーズはエース倉形がまさかの背信投球でチームは意気消沈・・・。
都田は3回にも安打、エラーを絡め4点を追加。試合を一方的に進める。
なんとか反撃の糸口を見つけたいアベンジャーズだが、都田先発の天冨の前に2回までランナーを出せずにいた。しかし3回、先頭の宍戸が内野安打で出塁。本日アベンジャーズ初ヒット!ノーアウトでランナーが出た!!ここからってところで・・・後続が2連続三振と内野ゴロに倒れ得点ならず。1点が遠い。
アベンジャーズは4回から坂東がリリーフ。しかし、エラーと四死球が絡み1点を献上してしまう。さらに5回、1アウトから千葉に一発を被弾・・・(T_T)し、終戦。
アベンジャーズは都田の天冨、石渡(智)投手リレーの前に1安打に抑え込まれ完敗・・・。
昨年総合2位のチームが3戦して未だ未勝利の大苦戦(>_<)。
都田名球会は初回のチャンスをものにし試合を完全に制圧した。これで3連勝。
相変わらず結果を残す都田。勢いは止まらない・・・・!?

【都田名球会談】
横浜アベンジャーズさん、おつかれさまでした。両チーム共に四死球がほとんどなく、テンポのいい試合でした。
初回にビッグイニングを作ったことで優位に試合を進められました。
とりあえず、久々に快晴の中で試合を出来たことが何よりです。3試合消化!
※写真は投打に活躍した【石渡(智)選手】。リーグの歴代MVPに名を連ねる名選手になろうとしている。石渡選手曰く:若い芽は摘ませて頂きます(*^_^*)って言っているとかいないとか。

【横浜アベンジャーズ談】
先発の倉形があまりよくない立ち上がり。味方のエラーも重なるところを、名球会は機動力や小技などのスキを逃さない鋭い攻撃を続け序盤にして大量失点をしてしまう。
攻撃でも三者凡退とリズムを作る事ができず、そのまま文字通りの完敗となってしまった。
※写真は4回、先頭打者で四球をもぎ取った【高嶋選手】。悪送球ももぎ取って離さない!?

MVP_石渡(智).jpg

image1.JPG

contents_border_ft.png

9116.jpg

【第13戦】
紫光倶楽部 vs 都田名球会

紫光vs都田.png

    勝利投手: 山村(都田) 2勝
    敗戦投手: 伊藤(紫光) 2敗

2016.5.29 長坂谷公園野球場

順調に消化を続ける紫光倶楽部と現在3連勝中の都田名球会との対戦。
都田先発はリーグを代表する好投手の石渡智。
前回ブラックスに快勝し波に乗る紫光は初回から2TIMESチャンピオン都田の若頭、石渡智に襲い掛かる!
先頭の小林が内野安打で出塁すると、ツーアウトから村上の四球、小川の内野安打でツーアウト満塁のチャンス。
ここで6番小野塚はセンターへクリーンヒット!!幸先よく先制!!なおも満塁。打者は原口。
しかしここは石渡の球威が勝り内野ゴロに倒れる。紫光、1点先制!
紫光先発の伊藤も速球派の好投手。最近当たりが出ている都田打線に立ち向かう。
ランナーは出すものの、2回まで都田打線をゼロに抑える。
流れの悪い都田は3回。先頭の吉原が安打で出塁しノーアウト1塁。庄司の犠打で2塁に進めると、千葉の打球は相手ミスを誘い1点を返し試合を振出しに戻した。
その後は両投手が好投し、5回までお互いゼロ行進。
そして最終回。都田はこの回から山村がマウンドに上がる。紫光は3番清水からの攻撃。
清水はあえなく三振も続く村上、小川と連続死球で1アウト1,2塁の勝ち越しチャンス到来!!
ここでバッターは先制タイムリーの小野塚!時は来た・・・・。が、1段ギアを上げた山村に三振を喫する。まだチャンスだ。続く原口でもさらにギアを上げた山村の前にあえなく三振・・・。
これで勝利は無くなった紫光。引き分けへ持って行けるか?
都田最後の攻撃は3番南。ここで四球を選びノーアウトでサヨナラのランナーを出す。
次は大砲石渡涼。しかし本日は快音なく三振に倒れ1アウト。続く山村は四球を選び1,2塁に。得点圏にランナーを進める。続くは城山。打球はレフトに上がりランナー進めずツーアウト。誰もが引き分けかと思ったところで打者は石渡智。勝ち星を付けてもらえない怒りを胸にバットを強振。打球はレフト前へ!セカンドランナーの南がホームに帰り、都田がサヨナラを決める!!!
紫光倶楽部は初回のチャンスから2度3度あったチャンスをものにできず、最後は王者相手に勝ち点もするっと落としてしまった。悔しい一敗・・・(T_T)
都田名球会は何とか追いつき最後は引き分け=負けとはっぱを掛け、気持ち新たに最終回に臨めたことが勝因か。しかし負けない!!

【紫光倶楽部談】
本日は、お疲れ様でした。緊迫した試合展開で気が抜けませんでした。
最後は、さすが首位都田さんでした。

【都田名球会談】
紫光倶楽部さん、おつかれさまでした。最後まで緊迫した試合で、とても充実感がありましたね。ボールが先行していたものの、要所で良いコースを突かれ、打ちあぐねていたという印象です。そんな中でも最終回、先頭打者・南の出塁が流れを引き寄せ、石渡(智)のサヨナラヒットにつながったと思います。改めて、野球には“流れ”があると痛感したゲームでした。

contents_border_ft.png

image2.JPG

【第14戦】
横浜ブラックス vs 横浜タイガース

ブラックスVSタイガース.png

    勝利投手: 照井(真黒) 1勝
    敗戦投手: 牧野(横虎) 2敗

2016.6.12 三ツ池公園野球場

1分2敗と未だ勝利の無い横浜タイガースと、1敗の横浜ブラックスの対戦。
3回まではお互いランナーを出しながらも得点できない展開。
4回のタイガースは1アウトからこの日チーム初安打となる本田のヒットからエラーを絡めチャンスを広げる。しかし4番関は三振に終わりこの回無得点。
すると流れはブラックスへ。先頭の清水がヒット、川又、正好と四球を選び満塁のチャンス。ここで2番松本が2点タイムリーを放ち先制!
5回のブラックス、2アウトから猛攻を仕掛ける。清水、川又の連続四球、正好のヒットで満塁。続く照井が走者一掃のタイムリーツーベースで3点!真鍋もタイムリーで1点追加し、この回4点を追加し勝負あり。
横浜タイガースはランナーを出すものの、後続が続かず、気が付けば2安打で完封を許す事に。初勝利が遠いが、まだまだいける!!
横浜ブラックスは今シーズン初勝利!投打が噛み合い完封。打線も上向きでこれから一気に行くか!?

【横浜タイガース談】
三回まではまで何とか踏ん張りましたがたがヒットが出ず息絶えました・・・。

【横浜ブラックス談】
初戦を飾れなかったので、とりあえず今回は投打共に噛み合って勝てて良かったです!

image1.JPG

contents_border_ft.png

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE.jpg

【第15戦】
ALL LOVERS vs Sprout Stars

オールラバーvsスプラウト.png

    勝利投手: 佐々木(若星) 1勝
    敗戦投手: 長澤広(全愛) 1敗
    本塁打 : 大木(全愛) 2号

2016.6.12 御幸球場

急遽、グラウンド変更が入りましたが無事開催!
2勝1敗のオールラバーズ対、2勝1敗1分のスプラウトスターズの対戦。
実力者同士の好勝負!どちらが勝ってもおかしくない!
2回までは全愛先発の長澤広、若星先発の佐々木が好投し、一歩も譲らない。やはり好ゲーム!そんな中、全愛が均衡を破る!
3回、ツーアウトから打席には大木。スプラウト佐々木の145km/h(嘘)のストレートを叩くと打球はライトスタンドへ・・・!先制のホームラン!前回の横浜タイガース戦でも一発を放っているのでさわやかリーグ初!?の2試合連続ホームランで鮮やかに先制!!
投手戦は続き、このまま終わるかと思われた5回にスプラウト魂に火が付く。
この回先頭の小笹が四球で出塁。全愛先発長澤広が突如崩れ出す。続く宗清右、嶋田と連続四球でノーアウト満塁!そして伊形の打球は相手ミスを誘い1点を返し同点に追いつく!さらにノーアウト満塁!そして4番、白坂。長澤広の150km/h(嘘)の速球振り抜いた打球は走者一掃のタイムリーツーベース!!!一気に3点を追加し試合をひっくり返す!!ツーアウト2塁からまたしても長澤広が崩れ3連続四球で押出し・・・。この回、一気に5点を入れ形勢逆転!!6回のオールラバーは先頭の長澤父が出塁するも後続が続かず万事休す。
オールラバーズは大木の本塁打で先制するも、長澤広が突如乱れ、ミスも絡み想定外の敗戦・・・。
スプラウトスターズは4回まで2安打に抑え込まれたが見事攻略!先発佐々木が試合を作り3勝目をゲット!上位争いに勢いをつけたい!!

【Sprout Stars談】
緊迫した雰囲気の良い試合でした。チャンスを逃さずに得点につなげられてよかったです。

【ALL LOVERS談】
急きょ、会場が変更になりご迷惑をお掛けしました。また、スコアブックの記載ミス発覚が翌日だった為、不十分な記録で大変申し訳ございません。スコアラーから探しなおします。

UNKNOWN_PARAMETER_VALUE2.jpg

contents_border_ft.png

P7030008.JPG

【第16戦】
ALL LOVERS vs 横浜ブラックス

オールラバーvsブラックス.png

    勝利投手: 大塚(全愛) 1勝
    敗戦投手: 照井(真黒) 1勝1敗
    本塁打 : 藤井(全愛) 1号

2016.7.3 多摩川緑地グラウンド

天気は快晴。今日はここ、多摩川緑地からお届けいたします。
対戦カードは、オールラバーズ vs 横浜ブラックスです。
両チームともに好投手を擁し、リーグ戦を進めておりますが、本日は投手戦となるのでしょうか。注目したいところです。
先攻はオールラバーズ。ブラックス照井の剛速球の前に2回まで上位打線が完璧に抑えられる。
後攻はブラックス。初回に2番松本がヒットで出塁も後続続かず無得点。
2回。矢野、清水、川又が相手ミスと四球を頂き1点先制!続く正好はセンター前に2点タイムリー!!この回3点を奪い試合の主導権を握る。
しかし3回。この回から照井の様子がおかしい・・・
・・・・暑い・・・・
バテた!?
ここぞでオールラバーズは先頭の木村がヒットで出塁。続く長澤父、長澤雄が連続死球をくらい、ノーアウト満塁!大木の四球で1点。さらに阿賀のタイムリーでさらに1点を返し3-2。
好投手を攻略し追いすがる。
3回以降、ブラックスは全体的にバテたのか、完璧に抑えられノーヒット。
対するオールラバーズは4回、大塚が死球、長澤広がヒット、そして長澤父のタイムリーツーベースが飛び出し2点を追加し逆転に成功!
さらに5回、前の回途中からブラックスは正好にマウンドを託すも、先頭の平山が四球のあと、藤井に本塁打を浴び2点を献上。さらに長澤雄のタイムリーで2点を追加され万事休す。
オールラバーズは3回に照井を攻略し、以降着実に得点を重ね3勝目!本塁打も飛び出し打線絶好調!
横浜ブラックスは2回の得点以降攻撃がたんぱくになり加点できず。オールラバーズ大塚を攻略できないまま試合終了で1勝2敗。苦戦が続く。

【ALL LOVERS談】
まさかの球場勘違いでバタバタしまして申し訳ございませんでした。
剛腕投手にびっくりしました。
G2さんグラウンド提供ありがとうございました。

【横浜ブラックス談】
暑い中の試合、ありがとうございました。
前半は良かったですが、後半はバテバテでした。(笑)
また機会がありましたらよろしくお願いします。

P7030010.JPG

contents_border_ft.png

attachment02.jpg

【第17戦】
GIANⅡ vs 横浜タイガース

gian2vsタイガース.png

    勝利投手: 朝見(GⅡ) 1勝
    敗戦投手: 杉本(横虎) 1敗

2016.7.3 南毛利スポーツセンター

こちらも快晴!厚木は南毛利からお伝えします~。
GIANⅡvs横浜タイガースの伝統の一戦。果たして結果は・・・・
先攻はタイガース。GIANⅡ先発はリーグ会長の朝見。
先頭篠田は内野ゴロもエラーを誘い出塁。すると、2番本田がレフトオーバーのスリーベースでいきなり先制!!GIANⅡのお株を奪う先制攻撃で鮮やかに先取点。
さらに杉本が犠牲フライを放ち、この回2点目。初回から積極的に攻め流れを掴む!
対するGIANⅡは1回。タイガース先発のアンダースロー杉本の立ち上がりを攻め、5連続四死球を奪い2点。バッテリーミスを突きさらに1点を追加し一気に逆転に成功。
タイガースは2回以降、朝見の前に四球とエラーでの出塁のみと完璧に抑えられ意気消沈。
対するGIANⅡは2回以降、四死球や平田のタイムリーなどで着実に加点し、気が付けば毎回得点で勝負あり。
横浜タイガースは暑さのせいもあり攻撃に精彩を欠き初勝利ならず。
GIANⅡは3安打もチャンスを確実にものにする攻撃で3勝目。
伝統の一戦はGIANⅡに上がった・・・

【横浜タイガース談】
今回こそ1勝と思い乗り込み、先制点を取りエースをぶつけましたが、エースの乱調が響き打線も沈黙し、初勝利はお預けとなりました。
次の試合が最終戦なので、そろそろ本気を出します!笑

【GIANⅡ談】
草野球伝統の一戦(ジャイアンツ対タイガース)お疲れ様でした。
初回に2点取られた時はどうなるかと思いましたが四死球で何とか勝つ事が出来ました。
個人的に先発投手の杉本さんアンダースローで打ちづらかったです(四球と三振でした)。
残すは最終戦との事。順調な消化素晴らしいです。最後は勝利で!(*^_^*)

attachment03.jpg

attachment00.jpg

contents_border_ft.png

10136.jpg

【第18戦】
都田名球会 vs 横浜ブラックス

都田vsブラックス.png

    勝利投手: 天冨(都田) 3勝
    敗戦投手: 照井(真黒) 1勝2敗

2016.7.24 入船公園野球場

いやぁ~、夏だね。暑いよ、暑い。暑くて死んじゃうよ。
そんな中、Aグループの対戦が始まる。カードは都田名球会vs横浜ブラックス。
毎年顔を合わせている両チーム、今回はどんな結末に?
剛腕照井とエース天冨の投げ合い。きっと1点勝負になると思われた方も多いのでは?
しか~し!そうは問屋が卸しません。
都田は1回。四球の千葉を相手ミスで向かい入れ、いきなり1点先制!
さらに2回、先頭城山が内野安打で出塁すると天冨のタイムリーツーベースが飛び出し2点目。吉原もタイムリーでつなぎ笠原死球、庄司四球で押出し追加点。結局4点を奪い5-0。
攻め続ける都田は4回、エラーから始まって9連続出塁で畳み掛ける。
もうどうにも止まらない。ブラックスは照井をあきらめ瀬川を投入も勢い止まらずこの回8失点・・・。
もう、打つしかない6回、1アウトから高橋の安打、矢野の四球でつなぎ清水も安打で満塁のチャンス!正好が押出しを選び1点返す。しかし後続が続かず1点止まりで意気消沈。
最終回も3人で終戦・・・(T_T)
都田名球会は投打が完璧にかみ合い剛腕照井から11点を奪う猛攻をみせ無傷の5連勝。
優勝へ、猫まっしぐら。
横浜ブラックスはエース照井がまさかの大乱調。四球5個と死球3個は想定外・・・。次は巻き返し勝利を目指す!!

【都田名球会談】
横浜ブラックスさん、おつかれさまでした。
当日は蒸し暑かったので、集中力が切れがちでしたね。試合のキーポイントは4回です。
打ち急がず、じっくりと見極めたことが四・死球の多さにつながったと思います。
そこで、得点を重ねられたことが大きかったですね。チームとしては何年ぶりかの3連打もあり、驚いています(笑)

【横浜ブラックス談】
暑い中の対戦ありがとうございました。
やはり後半はバテてしまいガタガタ状態ですみませんでした。
残り試合は一つでも多く勝てるように頑張りたいと思います。(笑)

contents_border_ft.png

CIMG1122.JPG

【第19戦
紫光倶楽部 vs 横浜タイガース

紫光vsタイガース.png

    勝利投手: 島崎(横虎) 1勝1敗
    敗戦投手: 原口(紫光) 1敗
    本塁打 : 篠田(横虎) 1号 

2016.7.31 長坂谷公園野球場

蒸し暑く変わりやすい天候の中始まった、紫光倶楽部vs横浜タイガースの一戦。
両チームともに順調に試合消化し、この試合が最終戦!まずはリーグ戦消化の速さが素晴らしい両チームに拍手!!!

さて、試合は、紫光先発原口とタイガース先発島崎の投げ合い。
先攻の横浜タイガースは初回、安定しない原口を攻め立てる。
1アウトから本田の四球、杉本の安打で1点先制!続く関本は内野ゴロでその後連続四球でツーアウト満塁!島袋の打球は相手エラーを誘い2点を追加し3-0.初回から点が動く。
対する紫光はその裏、ツーアウトから清水のツーベースでチャンスを作ると村上の打球は内野のミスを誘い1点を返し3-1。試合はまだまだわからない。
しかし、少しづつ雨脚が強まってきた・・・。2回は両投手共に踏ん張り0点。
そして3回。タイガースはこの回からリリーフした清水を攻め、ノーアウト満塁のビックチャンス!
ここで島崎!バンッ!三振!、続く林、バンッ!三振!と連続三振に倒れ2アウト。
しかし篠田がやりました。カキーン!!振り抜いた打球はセンターを超え満塁ホームラン!!!ここで4点を追加し勝負あり。ここでさらに雨脚が強まり、完全に切れてしまった紫光は反撃する力を無くしゲームセット。3回降雨コールドとあいなりました。
紫光倶楽部は粘りの投球で何とか2点差で進めたが最終回のグランドスラムにやられた・・・(T_T)
横浜タイガースは最終戦を勝利で飾る!島崎魂の投球で最少失点で勝利。

【紫光倶楽部談】
最後は、大雨の中お疲れ様でした。3回雨天コールドでしたが、完敗です。
島袋さん、うちの梨本にお付き合い有難うございました。また、対戦しましょう。

【横浜タイガース談】
奇跡的に投打が噛み合い得点することができました。
この最終戦にせめて1勝したいと全員で気合を入れました。
紫光倶楽部さんの粘りに負けず、守備をしっかりすることができたのが勝因です。

contents_border_ft.png

1470787090564.jpg

【第20戦】
都田名球会 vs Sprout Stars

都田vsスプラウト.png

    勝利投手: 佐々木(若星) 2勝
    敗戦投手: 石渡智(都田) 1敗1S

2016.8.7 都田公園多目的グラウンド

8月に入り猛暑日が続く7日に、都田名球会vsSprout Starsの対戦が行われた。
先攻の都田は初回、先頭千葉がエラーで出塁すると城山がヒットで続き、石渡智のタイムリーで幸先よく1点先制!さらに石渡涼が死球で続き押せ押せムード!が、この試合5番に入った庄司がライトフライ。最後は笠原が内野ゴロに倒れ追加点は1点のみ。2-0でスプラウトの攻撃へ。
スプラウトは初回、都田先発の石渡智を攻められず、アウトを全て三振で献上。雲行きが怪しい。
2回の都田。先頭がヒットで出塁も千葉が併殺で攻めきれず無得点。
対するスプラウトは2アウトから塩川がチーム初ヒットで出塁すると、続く佐々木がタイムリースリーベースで1-2!!!
その後両チームの投手が踏ん張り2-1のまま試合は進み、5回のスプラウトの攻撃に。
先程タイムリーの佐々木がツーベースで出塁!1アウトから小笹がタイムリーを放ち2-2に!!さらにこの回1点を追加し3-2と逆転!
逆転を許した都田は6回、石渡智のツーベースでチャンスを作ると庄司のタイムリーで1点!
3-3としすかさず同点に追いつく!!
しかし、このまま試合は終わらない。最終回、都田は3人で攻撃を終え引き分けを狙う。
スプラウトは先頭の佐々木が本日3回目の出塁でチャンスメイク!盗塁&悪送球でノーアウト3塁!!!バッターは長谷川(友)!ブン!ブン!ブン!三振!!!!!
がっ!最後の投球がワイルドピッチとなり、三塁ランナーがホームイン!!!!!
サヨナラ振り逃げでまさかの幕切れ!!
都田名球会は早めのお盆休みでベストメンバーを揃えられず、ギリギリでの対戦が響き痛い1敗!
スプラウトスターズは三振振り逃げの大金星。佐々木の3打席3出塁1タイムリーの殊勲打。
スーパースターここに現る。

【Sprout Stars談】
対戦ありがとうございました。熱い気温に負けず劣らず、白熱した好ゲームでした。

【都田名球会談】
スターズさん。暑い中、ありがとうございました。
先制出来たものの、2回から5回までの攻撃を3人ずつで抑えられてしまい、追加点を取れなかったことが敗因です。
中押しの1点が欲しかった…。

contents_border_ft.png

1475648945517.jpg

【第21戦】
横浜ブラックス vs Sprout Stars

ブラックスvsスプラウト.png

    勝利投手: 嶋田(若星) 2勝
    敗戦投手: 照井(真黒) 1勝3敗

2016.10.2 つきみ野野球場

秋雨が猛威を振るう中、やっとできました、野球!!
横浜ブラックス vs Sprout starsの対戦!!
スプラウトはこれがリーグ最終戦!勝てば優勝へ一歩近づく事となる。
ブラックスは今期低迷中も底力を見せたいところ。
試合は初回から激しく動く。
後攻のスプラウトはブラックスエースの照井を攻め小笹、田島が連続四球で繋ぐと4番宗清(航)がセンターオーバーの2点タイムリーで鮮やかに先制!!
対するブラックスは2回、スプラウト先発嶋田に襲い掛かる。(野球で)
ツーアウトから照井、鈴木が連続センター前ヒットでつなぎ、9番矢野がこれまたセンター前タイムリーで1点を返すと、続く1番高橋はライト越えスリーベースで一挙に2点追加し3点!!
ツーアウトからの4連打でこちらも鮮やかに逆転!!
3回のブラックスは嶋田に要所を締められ無得点。
スプラウト、その裏に嶋田のツーベースを絡めて1点を返し同点に。試合は振出へ。
すると4回、ブラックスを0に抑えリズムが出てきたスプラウトは長谷川(風)から4連続四球をもらい勝ち越しに成功!さらに宗清(右)は死球でもう1点。小笹が倒れ、ブラックスはここで先発照井をあきらめ高橋へスイッチ。田島を押さえ2アウトとするも、続く宗清(航)に押出し四球を与え3点目。続く白坂は2点タイムリー、長谷川(風)も2点タイムリーで気が付けばこの回7点と大フィーバー!!
結局スプラウトは大量得点でブラックスの息の根を止めて最終戦勝利を飾る!!
ブラックスは照井の突然の乱調が悔やまれるも最後まで全力で戦った!!

【Sprout Stars談】
自慢の機動力がうまく機能しました。暑い中ありがとうございました。

【横浜ブラックス談】
残りわずかとなりましたが、頑張っていきたいと思います!

contents_border_ft.png

DSCN0646.JPG

【第22戦】
横浜ブラックス vs GIANⅡ

G2 VS ブラックス.png

    勝利投手: 若槻(GⅡ) 3勝
    セーブ : 田中(GⅡ) 1S
    敗戦投手: 照井(真黒) 1勝4敗
    本塁打 : 若槻(GⅡ) 1号

2016.10.30 岸根公園野球場

リーグも終盤戦。Aグループ優勝争いの真っただ中のGIANⅡと今年はなかなか投打が噛み合わないブラックスの対戦。
毎年、僅差の対戦が続く両チームの今シーズンはどうなるか!?
GIANⅡは初回、3連続四球も走塁死があり無得点に終わる。
ブラックスは3回までGIANⅡエース若槻にノーヒットに抑えられる苦しい展開。
2回のGIANⅡは先頭金子が四球で出塁。1アウトから山野の打球はミスを誘い1点先制。
さらに末永の意表を突くスクイズで2点目を入れる。
さらに3回は猛攻を見せる。先頭肥後が四球で出塁、平田の安打、津田の敵失で1点追加。
1アウトから野選、久保のタイムリーツーベース、山野の安打、若槻のランニングホームランなどで取りも取ったり8得点。10-0と一方的な展開。
ブラックスは4回、先頭の真鍋がこの試合初安打で出塁するも後続が続かず無得点。
5回のGIANⅡは久保のこの日2本目のタイムリーなどで3点追加。
6回も田中のタイムリーなどを絡めて5得点。最終回も四死球を絡めて1点追加。
最後は一方的な展開になったものの、好投手照井は健在。要所で7奪三振を奪う。
GIANⅡは2回の2点でスイッチが入り、四死球を選び、打つ人が打つ展開。投打ががっちりかみ合い無敗をキープ。
横浜ブラックスは最終戦を勝利で飾る事ができず終戦・・・。

【GIANⅡ談】
ブラックスさん、お疲れ様でした。
雨で中止かと思いましたがグランド変更で消化できて良かったです。初回のチャンスをつぶし、意気消沈。
次の2回にエラーで1点もらえてラッキーでした。
おかげでいいペースで試合が進み勝てました。高橋さん、カーブ曲がりすぎです。
こっちまで曲がって来ると思わずデッドボール。痛かった~。

【横浜ブラックス談】
今シーズン最後の試合でしたが、
グダグダで終わってしまいました(泣)

DSCN0645.JPG

DSCN0646.JPG

contents_border_ft.png

DSC_0001.JPG

【第23戦】
GIANⅡ vs ALL LOVERS

g2vsall.png

    勝利投手: 阿賀(全愛) 1勝
    敗戦投手: 金子(GⅡ) 1敗

2016.12.04 三輪みどり山野球場

Aグループ残り2試合。GIANⅡ vs オールラバーズの対戦。
オールラバーズは最終戦、甲子園球児を携えGIANⅡに挑む。
試合は初回から激しく動く。
1回裏のラバーズは長澤雄の内野安打、冨田の内野失策でいきなり先制のチャンス。
ここで3番阿賀がタイムリーツーベースで2点先制!!
3回のG2は2アウトから肥後が相手ミスを突き出塁すると平田が四球でつなぎ、四番津田がセンターフライ・・・・と思いきやエラーで1点を返し1-2とする。
その裏、ラバーズは長澤雄がヒットで出塁すると3番阿賀がこの日2本目のタイムリーで1点追加。大木もタイムリーで続きこの回2点目。ワイルドピッチもあり計3点。5-1と再び突き放す。
4回にも阿賀のこの試合3本目のタイムりー、5回にも1点を追加し7-1。
最終回、G2も先頭が四球で出塁も後続が続かずゲームセット。
GIANⅡは得点後の失点が響きAグループ1敗目。
ALL LOVERSは最終戦を勝利で飾る。

【GIANⅡ談】
オールラバーズさんお疲れ様でした。
素晴らしい戦力が整っていますね。
ありがとうございました。

【ALL LOVERS談】
最終戦を王者チームと出来て光栄でした。
素晴らしいグラウンドで出来たことも嬉しかったです。
グラウンド提供ありがとうございました。
また、一年間お世話になりました、ありがとうございました。

DSC_0007.JPG

contents_border_ft.png

DSC_0295.JPG

【第24戦】
GIANⅡ vs 都田名球会

G2VS都田.png

    勝利投手: 天冨(都田) 4勝
    敗戦投手: 若槻(GⅡ) 3勝1敗
    本塁打 : 石渡智(都田) 1号 石渡涼(都田) 1号

2016.12.18 多摩川緑地5号面野球場

Aグループ最終戦。勝てばAグループ優勝のGIANⅡ vs 都田名球会の対戦。
創立チーム同士の最終戦の結果は毎年もつれにもつれるが、今年は意外な結果に。
初回のG2の攻撃。
1アウトから若槻、平田の連続四球、盗塁を絡めて幸先よく1点を先制!
さらに相手ミスを絡め1点を追加し2-0と都田先発の天冨から先制点を奪う。
しかし、その裏、都田は監督不在でのびのび野球を展開。
石渡智が死球で出塁し、二盗。1アウト後に南もヒットで繋ぎ1アウト2,3塁のチャンス。
ここで石渡涼(おかわり)がライトオーバーのランニングホームランで一気に逆転!!!
3-2としG2若槻を攻略。
さらに3回、都田は石渡智が2打席連続死球で出塁、山村も右中間にヒットを放ち再び2,3塁のチャンス。ここで南はサードゴロ。続く石渡涼は四球を選び1アウト満塁。
続く天冨の内野ゴロの間に1点を追加。さらに城山、笠原の連続タイムリーでこの回4点と打線爆発。G2若槻を引きずりおろす。
4回の都田は1アウトから石渡智のセンターオーバーホームランで1点を追加。
その後は両チーム、ランナーを出すものの、拙攻、後続が続かず無得点に終わりゲームセット。
Aグループ最終戦はもつれるかと思いきや、一方的な試合展開で都田名球会の勝利で幕を閉じる。
GIANⅡは2回に同点のチャンスをものにできず攻守にちぐはぐさが出て最後まで劣性。
都田名球会は初回にすかさず逆転に転じた攻撃は見事!最終戦を勝利で飾る。

【GIANⅡ談】
都田さん、お疲れ様でした。
2回に同点に追いつけなかったことが全てです。
天富さんの素晴らしい投球術と石渡兄弟アベック弾で久々の大敗を喫しました。
来年はリベンジさせていただきます。
今年一年間、球場手配等色々とお世話になり、ありがとうございました。

【都田名球会談】
まさかの展開でしたが…。
勝因は監督不在で選手が伸び伸びとプレー出来たことだと思います。
12月に試合実施したのは数年振りでしたが、全試合消化できて何よりでした。
今年もありがとうございました。

DSC_0304.JPG

contents_border_ft.png


さわやかリーグではリーグ参加チームを募集しております。
一緒にリーグを盛り上げていきましょう!