Cグループ
デビルヤンキース
LAGERS
ミランズ
3・4FRIENDS
モンチッチ
東京プレジャーズ
華麗衆
【Sawayaka-League 2016】

Cグループ 悪魔 麦酒 未蘭 34 萌猿 プレ 華麗 勝敗分 勝点 得失点
デビルヤンキース -------- 7-4
 3-8
11-4
12-5
1-2
8-5
4-2-0 12 14
LAGERS 4-7
-------- 3-9
8-6
4-2
0-9
0-14
2-4-0 6 -28
ミランズ 8-3
9-3
-------- 20-3
4-3
5-6
2-3
4-2-0 12 27
3・4FRIENDS 4-11
6-8
3-20
-------- 1-9
4-14
3-21
0-6-0 0 -62
モンチッチ 5-12
2-4
3-4
9-1
-------- 6-2
4-12
2-4-0 6 -6
東京プレジャーズ 2-1
 9-0
6-5
 14-4
2-6
------- 9-9
4-1-1 13 17
華麗衆 5-8
14-0
3-2
21-3
12-4
9-9
-------- 4-1-1 13 38
【Sawayaka-League 2016】

GROUP Bへ    GROUP Aへ

new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif

contents_border_ft.png

image1.jpg

【第1戦】
デビルヤンキース vs モンチッチ

debiyanvsmonchi.png

    勝利投手:古庄(悪魔) 1勝
    敗戦投手:山田(萌猿) 1敗

2016.3.13 長坂谷公園野球場

既存チームの「デビルヤンキース」と、今年から初参加の「モンチッチ」の対決!
まさかの高校の直属先輩後輩対決とあいなりました。
パイセンモンチッチが年の功を見せるか、空気を読めない後輩、デビヤンが若さで突き抜けるのか!?
結果は想定外の大差となったがまだ初戦。ここからが本番だ!

【デビルヤンキース談】
大事な開幕戦を勝利で飾りました!この試合守備ではエラーも少なく、攻撃ではランナーをしっかり返していけました。そして監督の采配もズバリ決まったと自画自賛しています。このまま勢いに乗っていきたいです。ただモンチッチさんはこの日主力を欠いていたみたいですが、バッターひとりひとりに風格がありましたので、Cグループの皆さんお気をつけください! 

【モンチッチ談】
完敗です。。。
良いところなし!!攻守ともに課題が残る結果でした。

image2.jpg間違いがあります。見つけられるかな?

contents_border_ft.png

IMGP2457.JPG

【第2戦】
華麗衆 vs 3・4FRIENDS

華麗衆VS34.png

    勝利投手:朝見(華麗) 1勝
    敗戦投手:菊池(34) 1敗
    本塁打 :津田(華麗) 1号

2016.3.27 都田公園

2016年から初参加、西東京の3・4FRIENDSが初登場!対するは華麗衆(GIANⅡ)。
遥々来たぜ横浜~!!という事で早速試合へ。
初回の華麗衆の攻撃は先頭小野寺のヒットを皮切りに四球やエラーを絡めて4点を先制。
対する34も岡、菊池のタイムリーで3点を返す展開。初回から荒れ模様・・・
すると華麗衆は2回、打者を15人送るビッグイニング。最後は津田のホームランも飛び出しこの回一挙11点。その後も着実に得点を重ね終わってみれば21-3。
まさかの大差で決着。34は気持ちがドンヨリーヌのまま、ダブルヘッダー2試合目へ向かう・・・

【3・4FRIENDS談】
初戦で尚且つ主力メンバー不在でかなりこてんぱんにやられました・・・
次回からは勝利を目指します。しかし、やはり、神奈川は遠いです。 

【華麗衆談】
34フレンズさんお疲れ様でした。皆さん体格がよいので恐る恐る守っていましたが勝利できてよかったです。主力不在は残念でした。またやりましょう。ありがとうございました。

IMGP2458.JPG

contents_border_ft.png

対34フレンズ集合写真.jpg

【第3戦】
東京プレジャーズ vs 3・4FRIENDS

プレジャーズvs34.png

    勝利投手:土谷(プレ) 1勝
    敗戦投手:菊池(34) 2敗

2016.3.27 保土ヶ谷軟式Aグラウンド

今シーズン初登場の東京プレジャーズと本日ダブルヘッダー2試合目の3・4FRIENDSの対戦。
遥々来たぜ横浜~!!PART2という事で早速試合へ。
初回、プレジャーズがいきなり猛威を振るう。1OUTから菅原、前畠、瀬戸口、小川、加賀美、青木、またまた菅原の安打と四球を絡めて一挙7点!34はダブルの1試合目で嫌な流れを断ち切れず初回からビハインド・・・。さらに2回はエラーと四死球が絡み4点を献上。それでもその裏、菊池のツーベースや四死球で3点を返す。取られたら取り返す精神で必死に食らいつく。しかし、4回、プレジャーズはツーアウト1塁から加藤、前畠、瀬戸口の連続タイムリーで3点を追加しダメを押す。後が無い34はエラーと四死球で1点を返すも力尽きゲームセット。
遥々来たぜシリーズはプレジャーズに軍配。34は名物ダブルヘッダーの餌食に・・・次こそは初勝利を。

【3・4FRIENDS談】
ダブルヘッダーで、前にこてんぱんにやられて、2試合目もこてんぱんにやられてしまいました。しかし、次回は頑張ります! 

【東京プレジャーズ談】
チームとしては、今年最初の試合でしたが勝利を収める事が出来ました。ピンチのところで三振で切り抜けられたのが良かったです。次戦も、勝利に導けるよう練習あるのみです。

スコアーボード3_27.jpg

contents_border_ft.png

2016.4.10 デビルヤンキース_7196.jpg

【第4戦】
東京プレジャーズ vs デビルヤンキース

プレジャーズvsデビヤン.png

    勝利投手:土谷(プレ) 2勝
    敗戦投手:小石(悪魔) 1敗

2016.4.10 多摩スポーツセンター野球場

開幕戦を勝利し、勢いに乗る2チーム、東京プレジャーズvsデビルヤンキースの対決!
昨年は大勝したデビヤンは初回、四球を絡めて幸先よく1点先制!!
対して、昨年は大敗したプレジャーズはデビヤン先発小石に4回まで1安打に抑えられる。
1-0デビヤンリードのまま、お互い譲らず投手戦を繰り広げる。
しかし、5回、プレジャーズは先頭の細田が本日チーム2本目のヒットを放つと続く中川が四球で繋ぐ。ノーアウト、1、2塁のビッグチャンス到来!!ここで登場は9番ピッチャー土谷!!・・・
・・・・・・・
・・・・・・・サードゴロ併殺打・・・・。万事休すか。誰もが負けを覚悟した。
しかし、青木がやったった!!起死回生のタイムリーツーベースを放ち土壇場で同点に!!
イケイケプレジャーズはさらに相手エラーを突き、2点目を奪う!!
が、時間はまだある!!
デビヤンは6回、小原、山村、山崎の3連続二塁打ですかさず勝ち越し!!さらに渡邊、古庄も続き合計4点を奪う!!
が、
ここで時間到来・・・。後攻のプレジャーズが攻撃できず時間切れ・・・。
規定により5回までのスコアが採用されゲームセット。
プレジャーズは辛くもサヨナラという形で昨年のリベンジと共に、開幕2連勝と波に乗る!
デビルヤンキースは攻撃が一足遅かった・・・(T_T)紙一重で連勝できただけに悔しさがのこる・・・(T_T)(T_T)(T_T)

【東京プレジャーズ#24談】
デビルヤンキースさん、お疲れ様でした。接戦の試合めちゃくちゃ楽しかったです。
開幕ダッシュに成功できたので、この勢いそのままで今後の試合に臨みたいと思います。

【デビルヤンキース談】
開幕戦から連勝したいとこでしたが負けてしまいました,,,
再三あったチャンスをつぶし、最後はミスで負けるという最悪のパターンでした。
ピッチャーが頑張っていただけに助けてやりたかったです。
そして我々の最大の敵はプレジャーズではなく時間だったというところに草野球の厳しさを思い知らされました。
次戦から全勝でまだまだ優勝を狙っていきたいです。

2016.4.10 デビルヤンキース_1804.jpg2016.4.10 デビルヤンキース_472.jpg

contents_border_ft.png

image2.JPG

【第5戦】
デビルヤンキース vs 3・4FRIENDS

34VSデビヤン.png

    勝利投手: 小原(悪魔) 1勝
    敗戦投手: 菊池(34) 3敗

2016.4.24 東俣野中央公園野球場

あいにくの天気の中始まったのは、現在、1勝1敗のデビルヤンキースと3・4FRIENDSとの対戦。
3・4フレンズは初回、先頭の平沼、岡野の連続安打と櫻井の四球でノーアウト満塁のビッグチャンス!!制球の定まらないデビヤン古庄を攻め立てる。
続く4番黒岩は押出しの四球を選び1点先制!なおもノーアウト満塁で5番田口はきっちり犠牲フライ。初回から2点を先制!!
しかし、デビヤンも負けてない!34先発菊地を攻め立てる。先頭の国防山村はツーベース。続く山崎のタイムリーで1点返す。さらに橋爪のタイムリーツーベースで1点を追加し同点!!
怒涛の攻撃で振出に戻す。続く2回にも枝川の四球を皮切りに山崎の2点タイムリーなどで一挙5点を追加し、鮮やかに逆転。34フレンズも3回に田口のタイムリーで1点を返す。デビヤンはその裏、渡邊の2点タイムリーツーベースで2点を追加し突き放す。34フレンズは最終回に1点を返すも反撃はここまで。
勢いに勝ったデビルヤンキースの逆転勝利!
3・4FRIENDSは初回の攻撃でらしさを発揮も投手陣が踏ん張れず逆転負け。しかし打撃は好調!ここから打って撃って射ちまくれ!?

【デビルヤンキース談】
勝ちましたが初回の守りで1、2番がいきなり連打で焦りました。しかし、3回途中からマウンドに上がった小原が抑え相手に流れをやらなかったのが勝因だと思います。また34フレンズさんの負けていても良いムードだったのが印象的でした。お手本にしたいです。

【3・4FRIENDS談】
年の差半分以上下の若手チームに完敗です。自分達も20年前は・・・という思いでした。

image1.JPG

contents_border_ft.png

【第6戦】
LAGERS vs モンチッチ

LAGERSVSモンチッチ.png

    勝利投手: 木村(麦酒) 1勝
    敗戦投手: 本宿(萌猿) 1敗

2016.4.24 東京ガス末広グラウンド

雨で急きょグラウンドを変更して行われた、LAGERS vs モンチッチの対戦。
なにかと素直に始まらないこの2チームだが、ようやく試合にこぎつけた。
2回のラガーズ。5番柿原のツーベースで先制のチャンス。そして相手のエラーが絡み1点を先制。対するモンチッチは3回、7番川向のヒット、本宿の四球、森山の内野安打で1アウト満塁!!2番鈴木が押出し四球、3番我孫子の犠牲フライで2点を取り逆転に成功!
しかし、ラガーズは4回、5回と相手投手を攻め3点を追加し勝負あり!
流れに流れた試合はLAGERSに軍配。モンチッチはあと一歩攻めきれず・・・敗戦。

【LAGERS談】
雨の中よくできました。

【モンチッチ談】
雨で球場が使えず中止。。。かと思いきやLAGERSさんの迅速な対応のおかげで他の球場で試合することが出来ました。LAGERSさんありがとうございましたヽ(;▽;)ノ
試合は負けてしまい連敗となってしまいましたが、まだまだ諦めず1戦1戦大事に戦って行きたいです。

contents_border_ft.png

S__17031170.jpg

【第7戦】
東京プレジャーズ vs ミランズ

ミランズvsプレジャ.png

    勝利投手: 土谷(プレ)  3勝
    敗戦投手: 長谷山(未蘭) 1敗
    本塁打 : 斉木(プレ) 1号 瀧井(プレ) 1号

2016.5.1 多摩川緑地グラウンド

炎天下の中、始まったのが、現在2連勝中と波に乗る東京プレジャーズvs初登場、ミランズの対戦。
ミランズは初回、プレジャーズ先発土谷を攻め、2アウト満塁の先制チャンス到来。しかし6番石山はショートゴロに倒れ先制ならず・・・。
続く2回も連続四死球から送りバントで1アウト2,3塁のビッグチャンスも、後続がフライを打ち上げなかなか先制できず。
ミランズが攻めあぐねているとプレジャーズは3回、1アウトから四球で出塁の土谷を青木のタイムリーツーベースで返し1点先制!菅原が死球で出塁後、3番斉木。ここで斉木は左越えにスリーランホームランを放ち、この回一挙に4点を先制する。
しかし、ミランズも4回、ようやく打線がつながる。山本のツーベース、鈴木の四球、1アウト後に高木の2点タイムリー!さらに柳川が四球を選び、林、小柴の連続タイムリーで一挙5点を挙げ逆転に成功!!
このまま一気にミランズが突き放すか!?と思われた4回裏、プレジャーズ瀧井の一振りで試合を振り出しに戻す!!
そして5回、1アウトから斉木のツーベースから大島のタイムリーで再度逆転に成功!
6回、エラーでランナーを出すも土谷が抑えゲームセット。
なんと、プレジャーズ開幕3連勝!!
ミランズは初戦を落とすも打撃好調か!?次戦に期待したい!!

【東京プレジャーズ談】
ミランズさん、炎天下の中お疲れ様でした。先制点を取って勢いに、乗ろうとしていた所にすぐに逆転された所で、気持ちが折れそうでしたが、すぐに追いついて再度勢いが出ました。逆転した時は、鳥肌が立っていました。開幕3連勝で、この勢いでチーム初の優勝目指します。

【ミランズ談】
1回、2回と四球や死球でランナーをもらった形でしたが、点に結び付けられなかった。一時、逆転したが、7番の瀧井さんの同点ホームランが痛かった。5回にノーアウト2塁のチャンスでショートライナーでゲッツーになったのも痛かった。点差以上に差があるなぁと思いました。東京プレジャーズさんは良く振れていましたし、野球を知っているなぁと思いました。個人的には1番バッターの青木さんが、好打者だと感じました。
緒戦としては、まずまずの試合が出来たので良かったです。

S__17031172.jpg

contents_border_ft.png

image1.jpg

【第8戦】
デビルヤンキース vs ミランズ

デビヤンvsミランズ.png

    勝利投手: 申 (未蘭) 1勝
    敗戦投手: 古庄(悪魔) 1勝1敗
    本塁打 : 高本(未蘭) 1号 長谷山(未蘭) 1号

2016.5.1 多摩川緑地グラウンド

続いての試合は、ダブルヘッダーで登場のミランズと就活に忙しいデビルヤンキースの対戦。
ミランズ先発申とデビヤン先発古庄の投げ合い。お互い2回まではゼロで抑える。
3回、デビヤンは先頭の小石がヒットで出塁し、相手エラーを絡め1点を先制。対するミランズは申の四球の後、高本のランニングホームランが飛び出し一気に逆転に成功。さらに光田のタイムリーで1点を追加し3-1とする。しかし、デビヤンは4回、1アウトから古庄の2塁打から和田のタイムリーで1点を返す。この回さらに1点を加え同点に追いつく。
ミランズは5回、2アウト2塁から長谷山の本塁打が飛び出し再び逆転に成功!!
勢いに乗るミランズはさらに6回、相手投手の乱調に付け込み3点を追加し勝負あり。
ミランズはダブルヘッダー2試合目にしてさわやかリーグ初勝利!!
デビルヤンキースは守乱が響き要所で加点を許す展開になってしまい痛い2敗目・・・。

【デビルヤンキース談】
早くも二敗してしまいました。うちは勝負所で打てず、ミランズさんには勝負所でやられました。しかし、残る二試合は昨年負けているチームなので、この試合を反省しリベンジしたいです。

【ミランズ談】
まあ、若くて足があり、よく勝ったなって印象しかないです。
ライトの渡辺さんは半端ない守備力でした。ヒットを2本もアウトにされました。
反面、センターの方は、若い分、前に飛びついて後逸してしまい、結果HRになりましたし、レフトの方は、いつもは守備力があるのでしょうけども、強風の中で、最初のエラーを引きずってしまったようで、うちとしては助かりましたが、大変な思いをされたのではと思います。
かなり強肩のキャッチャーでないと刺すのは難しいぐらい足のあるチームでした。
次は負けると思います。。。
各ポジションの年齢差分×1kg背負って、試合してもらいたいです(笑)。

image2.jpg

contents_border_ft.png

20160508_125716.jpg

【第9戦】
LAGERS vs ミランズ

LAGERSVSMILANS.png

    勝利投手: 申 (未蘭) 2勝
    敗戦投手: 木村(麦酒) 1勝1敗

2016.5.8 東京ガス末広町グラウンド

2週連続で登場のミランズと現在1勝のラガーズとの対戦。
ミランズは先週同様、申が先発。ラガーズも前試合同様に木村の先発で試合開始。
初回から得点が動く。
ミランズは1回裏、長谷川の死球、とミスでノーアウト1、2塁のチャンス。ここで3番光田がタイムリーを放ち1点を先制。さらに1点を追加し、初回から2点を先制、先週同様、好調打線が得点をはじき出す。
対するラガーズも2回、八代、柿原の連続安打からチャンスを作り、土屋のスクイズで1点を返す。2-1と詰め寄る。
しかし、ミランズは3回、失策と鍵野のヒット、死球で満塁のビッグチャンス。ツーアウトから石山が押出しの四球を選び再び突き放す。この回、もう一点追加。
3点差とされたラガーズは4回、柿原のタイムリーツーベースで1点を返す。さらにこの回1点を返し、再び1点差と迫る。
この日のミランズはやはり打撃絶好調。4、5回とヒット、四死球を絡めて5点を追加し勝負あり。
ミランズは先週からのいい流れから打線が火を噴き、9得点と大爆発。先発の大エース、申の2勝目をアシスト。
対するラガーズは後半に守備の乱れが集中し、失点を重ね敗戦。1勝1敗の五分に星を戻す。

【ラガーズ談】
四死球の多さが勝敗を分けました。
次節は守備からリズムを作り勝ちます。

【ミランズ談】
5回が終わった時点で1時間30分経っていたので、終わりだと思って気を抜いてしまった。次の試合までのグラウンドが時間的に猶予があったので、そのまま継続して最終回まで行った。7回は2アウト、ランナー無しから、エラー絡みで5点失い、まさかの同点になった。逆転のランナーが2塁にいたが、三振で同点のまま7回裏へ。ムード的には完全に引き分けムードであったが、4番の林が3塁打を放ち、俄然サヨナラの雰囲気に。最後は高いバウンドでショートゴロとなったが、林の足が速く、サヨナラ勝ちとなった。一応、両チームで話し合った結果、遊エラーとするも、打点1とした。(分からない)しかし、ラガースさんの最後の粘りは凄かった。逆転されなかっただけ良かったが、野球は最後まで分からないなぁと感じた。

※試合は1時間30分経過で新たな回に入らず、1時間40分で強制終了となる為、リーグ記録は5回終了時点までとなります。

20160508_125627.jpg

20160508_125749.jpg

contents_border_ft.png

20160515_152213.jpg

【第10戦】
LAGERS vs デビルヤンキース

LAGERS VS デビヤン.png

    勝利投手: 古庄(悪魔) 2勝1敗
    敗戦投手: 木村(麦酒) 1勝2敗
    本塁打 : 渡邊(悪魔) 1号

2016.5.15 東京ガス末広町グラウンド

5月15日、唯一の試合となったLAGERS vs デビルヤンキースの試合。
試合は初回から動く。
デビヤンは初回。1アウトから小石がヒットで出塁。盗塁などを絡め3塁に行くと和田の内野ゴロの間に1点を先制。攻撃に勢いをつける。
さらに2回、2アウトから死球で出塁の北藤を置いて、渡邊が一閃!ホームランとなり2点を追加。
対するラガーズは初回から5回までデビヤンエース古庄にノーヒットに抑えられる・・・。
このままノーヒットノーランを食らうか・・・と思った5回。
ラガーズ打線が目を覚ます。5回まで快投の古庄に疲れが見え始め、一気に畳み掛ける。
先頭林が四球で出塁。続く成田がラガーズ初ヒットで続くと古庄のノーヒットノーランを打ち砕き、石川の打球がミスを誘い2点を返しなおノーアウト、さらに正木ヒット、八代の四球でノーアウト満塁のビッグチャンス!続く武田は、意気消沈の古庄から死球を頂戴し1点追加で同点!さらに土屋はレフト前ヒット・・・もデビヤン枝川の好守によりセカンドランナーがサードでフォースアウトのレフトゴロ完成!!も、三塁ランナーはホームに帰りとうとう逆転に成功!!
古庄も維持を見せ後続を抑え1点差で終える。
すると、デビヤンは6回、本日ホームランの渡邊が2塁打で出塁、同点のチャンス!
すると山村が起死回生の同点打で息を吹き返す。小石の犠打で3塁に進んだ山村がワイルドピッチで再逆転のホームイン!この回、山崎にもタイムリーがうまれ、一挙4点で大逆転。
しかし、時間はのこりわずかも、7回へ突入・・・。
代打の岡田がヒット、1アウトから石川の四球、八代のタイムリーで1点を返し、なおランナー二人を置いて武田。デビヤン古庄はパワプロで言えばピヨピヨしている状態で投じた1球を
フルスイング!打球はフェンスを越え、大大大逆転ホームラン!!!!
・・・・・
が、ここで無情にも時間切れ(>_<)
デビルヤンキースは、6回からエンジンの掛かったアメ車を止められなかったが、辛くも時計に救われ3勝目ゲット。
ラガーズは前半の古庄の快投に1本が出ず崩せなかったが、後半の集中力は尋常じゃない。
この後も楽しみな対戦が続く!

【LAGERS談】
時間切れとなりましたが、終盤にもつれる展開で楽しめました。
最後に武田選手の逆転本塁打が飛び出したのに…残念!

【デビルヤンキース談】
序盤先制したものの、その後チャンスで得点できなかったのでマズいと思っていました。
その予感が的中し6回に一気に逆転されました。
ですが、その後先頭の渡邊が塁に出てチーム全体が勝てるという空気になったことが勝因だと思います。最後は時間切れながら逆転されて、勝ったけど後味悪い…
と思われるかもしれませんが公式記録は勝ちなので昨年のリベンジが果てせてとにかくうれしかったです。
後から振り返るとラガーズさんは6回までノーヒットだったんですが、皆さん鋭いスイングで
いつ打たれるだろうとおびえ続け、ノーヒットとは思えませんでした。

20160515_152356.jpg

contents_border_ft.png

IMGP2469.JPG

【第11戦】
華麗衆 vs モンチッチ

華麗衆vsモンチッチ.png

    勝利投手: 若槻(華麗) 1勝
    敗戦投手: 阿部(萌猿) 1敗
    本塁打 : 安孫子(萌猿)1号 根本(華麗) 1号 

2016.5.29 保土ヶ谷公園軟式野球場B

Cグループ11戦目は、華麗衆vsモンチッチの対決。
華麗衆は初回、モンチッチ先発の阿部を攻めたてる。
1アウトから加藤が四球で出塁すると津田、平田、入口の3連打で2点を先制!!
続く出口と根本は相手ミスを誘いさらに3点を追加し初回から5点を先制!
対するモンチッチは2回、華麗衆先発の若槻を攻め立てる。
先頭の池田がセンターへ大飛球。スリーベースとなり得点のチャンス到来。続く山田もセンターへ大飛球。連続スリーベースで1点を返す。さらに砂山がセンターへタイムリーで2点目。
そして、ツーアウト2塁から我孫子の大飛球。これがツーランホームランとなり4点を返す。
1点差に迫られた華麗衆は4回。朝見の振り逃げから怒涛の攻撃。根本、若槻の連打でノーアウト満塁!続く肥後の打球は相手ミスを誘い1点を追加。さらに続く加藤がレフトへタイムリー!!打球がイレギュラーし転々としている間に走者一掃となり3点を追加しこの回4点。
5回には先頭出口、朝見の連続ヒットでノーアウト2,3塁のチャンス。相手ミスから1点を追加し、さらに根本の打球は右中間を真っ二つ!これがツーランとなりこの回3点を追加し勝負あり。
モンチッチは初回に浴びた連続ポテンヒットで流れを失ってしまったが2回の怒涛の連打は凄まじかった。次こそ初勝利へ!
華麗衆は先制、中押し、ダメ押しで確実に加点し勝利。これで2連勝。

【モンチッチ談】
完敗です。
でも、課題が明確になったので一つ一つ克服していきます!
※写真は先発【阿部選手】とリリーフの【池田選手】。

【華麗衆談】
モンチッチさんお疲れ様でした。
全員フルスイングで、連打を浴びた時は逆転も覚悟してました(-_-;)
あの畳み掛ける攻撃は見事です。あと、緊急リリーフも見事でした。
次の試合も頑張ってください。ありがとうございました。

IMGP2471.JPG

IMGP2472.JPG    IMGP2470.JPG

contents_border_ft.png

1465914260040.jpg

【第12戦】
ミランズ vs モンチッチ

ミランズvsモンチッチ.png

    勝利投手: 申 (未蘭) 3勝
    敗戦投手: 池田(萌猿) 1敗

2016.6.12 新横浜公園野球場

現在3勝1敗と好調をキープするミランズ、対するは3連敗中で暗中模索中のモンチッチ。
ミランズ先発は大エース申選手。現在リーグ戦2勝で波に乗る。この日も制球は抜群で強打モンチッチ打線を4回まで散発3安打に抑える。
対するモンチッチの先発は池田選手。前回、華麗衆戦後半にリリーフし、好投を見せた流れそのままに、ミランズ打線を3回まで無安打に抑える快投。このまま投手戦で1点勝負か!?というような好ゲームを展開。
しかし、ミランズは4回。1アウトから突如制球を乱した池田から林が四球で出塁、続く鍵野も死球で出塁すると、6番鈴木の内野ゴロがモンチッチのミスを誘い1点を先制!とうとう均衡を破る。さらに続く申の打球はスリーベースとなり2点を追加!モンチッチはたまらず投手を瀬戸に交代するもさらに1点を追加され4-0となる。
しかしモンチッチはあきらめない。5回、先頭の小柳、寳部が連続ヒットで出塁すると、2アウトから、山田の内野安打でまず1点。続く安部もタイムリーで続き2点。さらに池田もタイムリーで3点を返す。押せ押せムードの中、続く村上は・・・・あえなく三振に倒れこの回3点止まり。
あと1点取っておきたかった・・。その裏、ミランズの攻撃はチャンスを迎えるも1本が出ずチェンジ。ここで時間終了・・・

この試合もミランズの大エース、申選手が投打に大活躍。わずか1安打も見事な勝利で3勝目。
モンチッチは連打で1点差まで追いすがるも、反撃がちと遅かった・・・(T_T)ああ、1勝が遠い・・・

【ミランズ談】
投手戦で進んだ試合でしたが、ワンチャンスで得点できたことが勝因でした。結果的にこちらは1安打。しかしながら、あんまり焦ることが無かったです。まあ、負けて元々って感じていたかもしれないのですが。モンチッチさんの各選手のポテンシャルは相当なのでしょうが、何となく個々の能力で戦われているので、「怖さ」という面で、こちらの申の出来が良かったこともありますが、あんまり感じませんでした。楽しく野球をやられていたので、勝ちに執着した中での野球をやられた場合に、どんなチームになるのかと思いました。しかし、なんで勝ったのか毎回分からないうちに終わっています。。。どのチームさんも、うちより総合力があるので、毎回しんどいです。。。

【モンチッチ談】
ミランズさん暑い中お疲れ様でした。負け負けですね~負け癖がついているので、悪い癖を早く直したいです。

1465914256620.jpg

contents_border_ft.png

S__20389891.jpg

【第13戦】
LAGERS vs 東京プレジャーズ

ラガーズVSプレジャーズ.png

    勝利投手: 土谷(プレ) 4勝
    敗戦投手: 木村(麦酒) 1勝3敗

2016.6.19 東京ガス末広グラウンド

梅雨の晴れ間とまでは行きませんが、曇りでそこまで暑くなく、野球日和!
今日もここ、東京ガス末広グラウンドからお伝え致します、実況のクワ藤です。
解説はおなじみ、川藤さん。本日もよろしくお願いします!
川「ウィ~」
クワ「・・・」
クワ「さあ、両チームの先発です。現在リーグ戦3連勝!勢いに乗るプレジャーズは、同じく3連勝の土谷投手です。川藤さん、今一番勢いがありますよね~。昨年と比べると大違いですね!」
川「あのね、まぐれですよ、まぐれ」
クワ「いきなり運しだいみたいな話になりますか・・・^_^;」
クワ「さあ、対するLAGERS。現在1勝2敗と元気がありません。先発は剛腕木村投手。川藤さん、こちらはあまり波に乗れていないようですが、いかがですか?」
川「昨日の夜は波に乗りまくってたよ・・・」
クワ「なるほど!前日にナイターとは恐れ入ります!気合が入っているようです!」
川「・・・」
クワ「さあ、始まりました。初回はどりらも無難にゼロで抑えます。」
川「特に見どころなし」
クワ「・・・(^_^;)」
クワ「2回のプレジャーズ。1OUT。バッター瀬戸口。打った―!!レフトオーバー!ツーベースです。今日も打撃好調ですね、川藤さん!」
川「まぐれじゃ」
クワ「おっーと!!木村!ここでワイルドピッチ!!思わぬ形でプレジャーズ1点先制!」
川「構えがいいのぉ」
クワ「2回にも土谷選手が四球で出塁して、得点まで結び付けています。」
川「運がいい」
クワ「木村投手は3回まで投げ、1安打も2失点。正木投手にマウンドを譲ります。」
クワ「プレジャーズ打線が正木投手に襲い掛かる!!瀬戸口、瀧井、中川、土谷、青木が長短打を連ね4点を追加し、6-0とする!」
川「たまたまじゃ」
クワ「6回には土谷のこの日2本目のツーベースと青木のツーベースでさらに1点。7回にも瀬戸口のタイムリーで計2点を挙げ9-0!」
クワ「ラガーズは土谷の前に2安打完封を喫しました!強打のラガーズが信じられません!土谷投手、これで4勝負け無し!全勝でリーグ1位をひた走る!!」
川「ラガーズ・・・昨日の夜は乗りまくってたのに、今日は石川選手のファインプレーのみ!!」
クワ「という事で東京ガス末広グラウンドより、クワ藤と酔っ払いの川藤がお送りいたしました!」

9-0。まさかの一方的な展開でプレジャーズの勝利。
ラガーズは2勝目が遠い。

【東京プレジャーズ談】
ラガーズさん!!強力打線のイメージが有り守備を固めて臨んだ試合で成果が出ました。投手も安定してたのが勝利を呼んだのかもしれません。
今期4勝目!!全勝めざして行きますんで宜しくお願いします。
ラガーズ!センターの石川選手のダイビングキャッチは、テンション上がりました。素晴らしいプレイでした。

【LAGERS談】
プレジャーズさんの打線は強力でした。ラガーズは残塁が多すぎた・・・(T_T)

S__20389890.jpg

contents_border_ft.png

DSC_0152.jpg

【第14戦】
ミランズ vs 3・4FRIENDS

ミランズvs34フレンズ.png

    勝利投手: 申 (未蘭) 4勝
    敗戦投手: 黒岩(34) 1敗
    本塁打 : 高本(未蘭) 2号

2016.6.26 新横浜公園野球場

梅雨の晴れ間が広がった横浜で行われたのは、現在3勝1敗ミランズと、現在3敗と元気のない3・4FRIENDSとの対戦。
ミランズはエース申が登板。実は申が投げると負けないジンクス継続中。本日も勝利なるか。
3・4FRIENDSの先発は黒岩。こちらは初登板、初勝利を目指す。
さて、初回。フレンズの攻撃はツーアウトから岡が粘り勝ちで四球。続く小宮も四球で続き、黒岩へ。しかし、ここは内野ゴロに倒れ先制ならず。
対するミランズ。フレンズ先発黒岩の思わぬ乱調で3連続四死球・・・。ミスも重なりいきなり1点先制。フレンズはたまらずピッチャー交代。二番手を菊地に任せるも、アップ不足は否めず、四球後に鍵野、山本吉に連打を浴び3点を献上。さらに2連続押出し、トドメに高本の満塁ホームランで一挙10点。まさに猛攻。フレンズの出鼻を劇的に挫く事に。
2回。申が絶好調。6番から始まる打線を3者連続三振に切って取る快投を見せ、ゼロに抑える。
対する菊地も意地を見せる。3個の四死球で満塁のピンチも最後は投ゴロに仕留めこちらもゼロに。
3回のフレンズは先頭の阿部がチーム初ヒットで出塁。続く菊地も安打で繋ぎ、櫻井は四球を選ぶ。ノーアウト満塁のビックチャンス!ここで3番岡!「ガツッ!!」一塁へ痛烈な打球!アウトになるも1点を返す!さらにツーアウトから黒岩が名誉挽回の2点タイムリー!!この回3点を返し、息を吹き返す!
しかし、その裏。フレンズは息の根を完全に止められた・・・。
実に5個の四死球と光田、林、鍵野の連続タイムリーなどで10点を追加。なおも攻撃中にタイムアップ。
試合は一方的な結果に終わってしまったが、3・4FRIENDSの打線の爆発は近い!
ミランズはどっかのチームに取りすぎって言ってたけど、自分たちもちゃっかり取ってるし~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
これで申は無傷の4勝。Cグループの投手成績、非常に盛り上がってきました。
個人記録にも大きく影響しますので今後もお互い手加減なしでお願いします<m(__)m>

【ミランズ談】
1回の表の守備では、34フレンズさんの上位打線に雰囲気があって、これは打ちそうだなぁと思いながら守ってました。
特に3番打者の岡さんは、厳しいコースはカットされて、根負けの四球でした。
1回の裏に、先発の黒岩さんが肩を壊していたらしく、早々に交代となりました。
準備不足も重なり、コントロールが定まらず、もらえるだけ点数をもらったという感じでした。
この時点で勝負あったかなぁといった感じでしたが、2回は0点で、まただらけてきていたので、3回はもう一度、気を入れ直して勝ちを確定させに行きました。
試合終了後、「すみませんでした」と言われましたが、今度はストライク入れてもらえれば打ちに行きたいと思いますので、宜しくお願い致します!でも、うちは相手をナメて勝てるようなチームじゃないので、やっぱりもらえる点はもらうかもしれませんのでご容赦下さいませ!

【3・4FRIENDS談】
エースが故障で、ピッチャーを何人かでやってみたものの、ストライクが入らずファーボールばかりで、たまにいい所にいけば打たれてという結果とんでも無いことになってしまいました。
ミランズさんにはご迷惑お掛けしました。やはりピッチャーが確立していないと大変ですね。

DSC_0151.jpg

contents_border_ft.png

IMG_20160717_104308.jpg

【第15戦】
華麗衆 vs デビルヤンキース

華麗衆vsデビヤン.png

    勝利投手: 古庄(悪魔) 3勝1敗
    セーブ : 山村(悪魔) 1S
    敗戦投手: 朝見(華麗) 1勝1敗

2016.7.17 三川公園野球場

華麗衆とデビルヤンキースとの試合。
猛暑の合間を縫って若干涼しく、曇り空で始まったこの試合。試合は裏腹に白熱した展開。
初回の華麗衆。デビヤン先発のエース古庄を攻める。2者連続四球と盗塁でノーアウト2,3塁。いきなりのチャンス到来。ここで3番平田は浅~い外野フライでタッチアップできず1アウト。続く4番津田も泳がされ三振し2アウト・・・。5番加藤の打席でバッテリーエラーが出て1点先制もビックチャンスで得点はここまで。これで流れがデビヤンに。
1点ビハインドのデビヤンは先頭山ちゃんが四球で出塁。盗塁で1アウト2塁のチャンス。ここで3番橋爪がセンターへタイムリー!センターがもたつく間に2塁を陥れる。次く和田が倒れ2アウト2塁。野田の打球は相手ミスを誘い2点目ゲットで逆転。さらに枝川の打球は相手ミスを誘い2点を追加し4点目。初回で一気に逆転する。
3回、何とか追いつきたい華麗衆は1アウトから3者連続四死球で満塁のチャンス。ここで代打小松原は死球となり押出し。1点を返す。なおも満塁!続く末永の打球は完璧にとらえたあたり!!がっ!サードやまちゃんの真正面でゲッツー・・・。結局1点止まり。
するとその裏、すかさずデビヤン。先頭和田がエラーで出塁し1アウトから古庄がタイムリーで1点。取られたら取り返す打線が爆発。
4回の華麗衆は、2アウトから肥後、平田の連続安打でチャンスメイク。4番津田の打席でバッテリーエラーで1点返す。
しかし、その裏、先頭山崎がエラーで出塁、盗塁後渡辺のタイムリーで1点。取られたら取り返す打線健在。さらに橋爪は安打で続き和田の内野ゴロの間に1点。さらに捕逸がありこの回合計3点を追加する。
後の無い華麗衆は5回、先頭の加藤が死球、和田が四球を選びノーアウト1,2塁。ここで小松原の打球が相手ミスを誘い1点返す。さらにバッテリーエラーで1点も2点止まりで万事休す。
最後は満を持して山ちゃん登場。2アウト1,3塁のピンチを背負うも最後は三振で締めゲームセット。
足かけ何年?華麗衆に堂々リベンジ達成!

【デビルヤンキース談】
勝ててとても嬉しかったです。
どんなに辛い場面でも雰囲気が沈まなかったことが勝因だと思っています。
特に守りの際にベンチで応援していた人間に感謝です。
これで今年のリーグ戦は終了。昨年から勝ち星を伸ばすことは出来ましたが、まだまだ満足出来る結果ではありません。
また来年リベンジします。

【華麗衆談】
デビルヤンキースさん、暑い中、お疲れ様でした。
走者を出してはデビヤンさんの若くて速い足に掻き回され、たまったところで痛打を浴びました。
対してこちらは四死球で走者をためるものの、チャンスで一打が出ず…。
この差が得点差になってしまいました。このままでは悔しいので来年リベンジさせてもらいます!
個人的にはあの小原君が、あんな小原君が、あんないい球投げた事が衝撃的でした・・・。

contents_border_ft.png

IMG_6319.JPG

【第16戦】
モンチッチ vs 3・4FRIENDS

モンチッチvs34フレンズ.png

    勝利投手: 山田(萌猿) 1勝
    敗戦投手: 岡野(34) 1敗

2016.9.25 潮田公園野球場

雨の影響が心配されたが何とか開催に至る。
モンチッチvs3・4FRIENDSの対戦!どちらもリーグ戦未勝利という状況の中、初勝利をめざし全力投球!!
先攻はモンチッチ。先頭片野が四球で出塁。1アウトから山田が安打で繋ぐと、池田、安部の連続タイムリーで2点を先制!!さらにツーアウトから本宿のタイムリーも飛び出し初回から3点を先制!!
負けられないフレンズはツーアウトから岡野、黒岩の連続四球でチャンスを作ると、田口のタイムリーで1点を返し3-1に。まだまだ分からない展開となる。
2回のモンチッチは2アウトから川向が四球で出塁すると山田の打球は相手ミスを誘い2アウト1,2塁。続く池田がタイムリーツーベースで1点を追加!
さらに3回、またしても2アウトから、瀬戸のスリーベースを皮切りに、エラーで1点、片野の安打でつなぎ川向、山田の連続タイムリーツーベースで一挙5点を挙げ試合を優位に進める!
対するフレンズも先頭を出すも牽制死などでチャンスをつぶしなかなか突破口が掴めない。
そして最終回、フレンズは先頭岡野が内野安打で出塁、続く黒岩も安打でつなぎノーアウト1,2塁!続く田口は初回にタイムリーを放っていて期待が高まるも・・・・三振!後続も倒れゲームセット!
モンチッチは前半の猛攻で大量得点、リーグ戦初勝利!!!
3・4FRIENDSは序盤の失点が尾を引いて追加点も挙げられず悔しい敗戦。

【モンチッチ談】
3・4FRENDSさんお疲れ様でした。
初勝利(^^)やっと連敗脱出できました!!
全体的に打つことができ、守備も四球をだしながらも点を取られず守れたのが良かったです!

【3・4FRIENDS談】
いやーモンチッチさん、打つ、打つ、4番バッターはレフトに気持ちよくホームラン性の当りかましてました。
うちら最下位決定ですね。
あと1試合、悔いのない試合をしたいと思います。

IMG_6318.JPG

contents_border_ft.png

DSC_0062.JPG

【第17戦】
華麗衆 vs 東京プレジャーズ

華麗衆 vs プレジャーズ.png

    勝利投手: ―
    敗戦投手: ―

2016.10.20 今川公園野球場

秋雨前線がちょっと一休み。毎週雨で憂鬱な日々を過ごしておりましたがようやく開催。
華麗衆 vs 東京プレジャーズ の対決。プレジャーは負ければ優勝争いから一歩後退となる大事な一戦!
まさかの展開が待っていた!?
華麗衆先発は朝見。2アウトを簡単にとるも3番瀧井にスリーベースを浴びピンチ到来。しかし、続く前島を打ち取りガッツポーズ。
プレジャー先発は土谷。こちらは1アウトから肥後に四球、盗塁を挟み平田のところでワイルドピッチで1点献上。平田、加藤と連続四球と盗塁で2,3塁のピンチ。和田をファーストゴロに打ち取りさらに1点を取られるも後続を断つ。華麗衆2点先制。
今日の朝見は一味違う。2回、2アウトから4連続四死球で2点を献上しあっという間に同点に。プレジャーも息を吹き返す。
さらに3回、プレジャーは戸田が安打で出塁も2アウトも続く谷口がタイムリーツーベースを放ち1点勝ち越し!!
意地を見せたい華麗衆はその裏、肥後が四球から盗塁、ボークでノーアウト3塁!続く平田が犠飛を放ち同点に!さらに加藤が死球で続き和田がタイムリーツーベース。山野も四球、続く根本のフェンスダイレクトスリーベース!!!さらに小野寺もスリーベースで続いて一挙7点!!試合を決めたかに思えた・・・・
しかし、ドラマはここから。4回のプレジャーは土谷、中尾、菅原の連続四球でノーアウト満塁!!瀧井はタイムリーで1点を返し、前島の内野ゴロで1点、戸田のタイムリーツーベース、中川のタイムリーでこの回一挙6点!!!!まさかの同点に!
時間は1時間20分を経過し5回へ!
プレジャーは繋いで2点を奪い勝ち越しに成功!!
その裏、華麗衆は勝利に3点が必要も時間がギリギリ。先頭根本が四球、金子が安打で繋ぎ、朝見も四球で満塁のビックチャンス!!ここで小野寺は四球を選び1点!平田も四球で同点に!さらに2アウトから押出しをもぎ取りサヨナラゲーム!!!

かと、思いきや、華麗衆最終回攻撃中に時間オーバーが判明・・・!
結局5回はノーカウントとなり4回で試合終了!痛み分けとあいなりました。
華麗衆は大量得点後の大量失点が痛かった。きれいに勝ちきれない今日この頃。
東京プレジャーズは大量失点しても試合を捨てず取り返せる気持ちで繋いだ結果が表れた。
これで優勝戦線に踏みとどまった!!!

【華麗衆談】
プレジャーさん、お疲れ様でした。点をとってもとっても追いついてきて、このしつこさは今年からですね!去年までは無かったはずですよ。
非常に疲れた試合でした。幻の5回もありましたし。悔しー!

【東京プレジャーズ談】
東京プレジャーズ土谷が大乱調でコントロールが定まりませんでした。今季は、よいしょよいしょで頑張ってきましたがまとまりきれなかったです。
チームは、点を取られたら取り返す精神で、なんとか追いつきました。
華麗衆の野球に対する精神力に投手が崩れた印象の試合でした。再試合申し込みたいです。
天気にも恵まれて、久しぶりに野球できました。今季リーグ戦1試合を残して、これからのチーム力向上に全力を注ぎます。お疲れ様でした。

DSC_0065.JPG

IMG_3150.jpg

contents_border_ft.png

IMG_3355.jpg

【第18戦】
モンチッチ vs 東京プレジャーズ

モンチッチvsプレジャー.png

    勝利投手: 瀬戸(萌猿) 1勝
    セーブ : 池田(萌猿) 1敗1S
    敗戦投手: 土谷(プレ) 4勝1敗
    本塁打 : 前畠(プレ) 1本

2016.10.23 天神第四グラウンド

いよいよCグループも大詰め!目下優勝争い中のプレジャーズ最終戦は、こちらも最終戦で有終の美を飾ろうと萌えあがっているモンチッチの対戦!
まだ無敗のプレジャーズは引き分け以上でCグループ優勝が決まる大一番!
試合は思わぬ展開に・・・・!?
プレジャーズ先発はエース土谷。今日のチームはプレッシャーからかガチガチの動き・・・
モンチッチは先頭川向が内野エラーで出塁。つつく寳部がタイムリーツーベースでいきなり先制!!土谷の立ち上がりを攻める。さらにランナーが3塁まで進むと池田が犠牲フライで2点目。あっという間に2点を先制する速攻を披露。これがプレジャーズに更なるプレッシャーとなって襲い掛かる。
その裏プレジャーズは先頭の青木が相手ミスで出塁も後続が続かず無得点。
2回は両チーム無得点で迎えた3回。モンチッチは9番が安打で出塁し、川向がツーベースでノーアウト2,3塁のビックチャンス。すると池田がタイムリーツーベースで2点を追加し4-0。
プレジャーズを追いつめる。
その裏、2アウトから2番前畠がレフトオーバーのホームランで1点を返し反撃ムードを盛り上げる。
しかし狂った歯車は最後までかみ合わない。
4回のモンチッチはワイルドピッチで1点追加しなおも1アウト2塁で再び池田。この日4打点目のタイムリーツーベースを放ち6-1。池田大暴れ。
このままずるずる行ってしまうのか!?
その裏プレジャーズはツーアウトも四球、安打で繋ぎ満塁のチャンス!ここで青木が押出しを選び1点を返す。なおも満塁。ここでモンチッチは大暴れ池田を投入。後続を断ちガッツポーズ!
結局このまま終戦。6-2でモンチッチの勝利!
モンチッチはリーグ後半から投打が噛み合い2連勝締め!!優勝争うプレジャーズを苦しめた。
東京プレジャーズは引き分け以上でグループ優勝が懸かった一戦で終始追いかける展開。
苦しかった・・・。あとはミランズと華麗衆の結果如何。

これで優勝戦線混沌としてきた!!!

【モンチッチ談】
プレジャーズさん暑い中お疲れ様でした。
一泡吹かせてやろうと気合を入れたかいがありました(笑)
初回から最終回まで連打・加点で押し切りましたが、ちょこちょこ守備のミスや
プレジャーズさんのホームランも有り打線が波に乗ったらと思うと正直怖かったです。
緊張感のあるいい試合ができたと思います。
ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします。特に満塁の場面では逆転も覚悟しました。

【東京プレジャーズ談】
今季リーグ最終戦でした。今季は負け無しで進んできましたが、最後に負けてしまいました。
モンチッチさんの打撃と投手力に脱帽という感じでした。
スピードのあるストレートを久しぶりに見させていただきました。
天気も良く、楽しんで試合させていただきました。お疲れ様でした。

IMG_3362.jpg

IMG_3355.jpg

contents_border_ft.png

ラガーズ対フレンズ%u3000スコア写真.jpg

【第19戦】
LAGERS vs 3・4FRIENDS

LAGERS VS 34.png

    勝利投手: 木村(麦酒) 2勝3敗
    敗戦投手: 岡野(34) 2敗

2016.10.30 東京ガス末広グラウンド

3・4FIRENDSは最終戦でLAGERSとの対戦。
最終戦を勝利で飾れるか!LAGERSも残り試合全勝で行きたいところ。
先攻はフレンズ。菊池、草壁の連打で先制のチャンス到来!!
黒岩が犠飛で1点先制!さらに鱒渕のタイムリーでこの回2点を先制!!!!
初勝利に視界良好!!
フレンズはさらに2回、櫻井、田口の連打、阿部の犠打で2,3塁のチャンス。四球で満塁とし、岡のタイムり―ツーベースで1点追加。さらに黒岩の安打でこの回4点追加し6-0。
これはいよいよ初勝利か!?にわかにざわつく3・4ベンチ。
しかし、悪夢は5回に待っていた。
先頭の武田が四球、阿部が安打で続く。田中の打球はエラーを誘い1点。林送りバントで柿原のタイムリー内野安打で1点。土屋は四球で続き、正木のこれまた内野安打で1点。八代はエラーを誘い武田は死球で押出し。阿部もエラーで出塁し、気が付けばこの回8点を取り大逆転!!!
8-6でLAGERSの大逆転勝利!!
3・4FRIENDSは4回まで確実に勝利へと向かっていたが、悪夢の5回。しかも内野安打やミスを誘発したのはサード攻撃・・・。まさかの集中攻撃に屈し終戦となった・・・。
LAGERSはまさかの大逆転勝利。4回までは完全に負け試合だった。あのサード攻撃は意図したものか偶然か。4本が集中した攻撃が光った。

【3・4FRIENDS談】
今回はベストメンバーで2番手エースも覚醒して絶好調で初勝利か?と思いきや、
やはりうちのチームは勝ってはいけないのか、5回が悪夢のような展開になってしまいました。まぁー楽しく最終試合ができたのでよかったです。又いつか、さわやかリーグに参加したいと思っております。お疲れ様でした。

【LAGERS談】
終盤のサードへの集中打で見事逆転勝利となりました。

DSC_0065.JPG

IMG_3150.jpg

contents_border_ft.png

DSC_0073.JPG

【第20戦】
華麗衆 vs ミランズ

華麗衆vsミランズ.png

    勝利投手: 田中(華麗) 1勝
    敗戦投手: 申 (未蘭) 4勝1敗

2016.12.04 三輪みどり山野球場

Cグループも残り2試合。華麗衆 vs ミランズの対戦。勝てば文句なしで優勝のミランズ。こちらも勝てば優勝の可能性を残す華麗衆。
両チームCグループ優勝の可能性を残しての対戦。これは硬くなる・・・。
先制はミランズ。初回に華麗衆先発田中を攻め先頭長谷山がいきなりのスリーベースで出塁。1アウトから相手ミスにより1点先制!!さらに高本のタイムリーで2点目!
優勝へ向けて幸先よく2点を先制!
ミランズ先発は50歳オーバーの申投手。直球は100kmを超えコントロールも抜群。
華麗衆は意気揚々と臨むも・・・3回までパーフェクトに抑えられる・・・。
恐るべし50代・・・(T_T)
しかし、4回、先頭小松原が内野安打で出塁すると肥後も続きノーアウト1,2塁のチャンス。
すると三番朝見がライトへタイムリーヒット!三連打で1点を返す。
さらに1,3塁から、平田が最低限の犠牲フライで同点!試合を振り出しに戻す。
その後は両投手が好投し1点も与えない投手戦に。
そして最終回。先攻の華麗衆は得点できなければ勝ちは無くなる。
その追い込まれた場面で先頭がツーベースで出塁!!続く田中が内野ゴロでランナーを進めると、代打加藤が中Fを打ち上げ犠牲フライかと思いきや、まさかの落球で1点を奪い土壇場で逆転に成功!
ミランズ最後の攻撃は早くも2アウトランナー無しとなるも9番松本が意地のヒットでつなぎ
長谷山も四球で2アウト1,2塁と同点のチャンス!
一打同点のチャンスで柳川の打球は・・・・投フライとなり試合終了!!
ミランズは勝つか引き分けでも優勝の可能性が高い大一番でまさかの逆転負けを喫する。
華麗衆は時間切れギリギリのところで逆転に成功しなんとか勝利。最終戦に優勝を掛ける。

【華麗衆談】
ミランズさんお疲れ様でした。
先発の申さんに投打でやられた感じでした。
引き分けを覚悟しましたが何とか勝つ事が出来ました。
ありがとうございました。

【ミランズ談】
初回、幸先良く2点を先行できました。
3回表の守備までは完璧な内容でした。
しかし、3回裏ノーアウトからの二盗成功後の三盗死が痛かったです。
また4回表の打順の巡り合わせで、1、2番に仕事をされたのが不運もありましたが、さすがでした。
初回からもバットを短く持って、何とか出ようという意思が伝わってきました。
最後は1点取られた後に、2アウトから逆転のお膳立ては出来ましたが、そこまででした。
また来年も交流戦などで、華麗衆さんとは行えたらって思います。
何にせよ、1月のリーグの試験的な試合でボロボロだったので、
少なくともその時のイメージを払拭できたなら良かったです。6エラーぐらいやりましたからね(笑)
また来年も宜しくお願い致します。

DSC_0075.JPG

DSC_0074.JPG

contents_border_ft.png

20170118122631.jpg

【第21戦】
華麗衆 vs LAGERS

華麗vsラガーズ.png

    勝利投手: 金子(華麗) 1勝
    セーブ : 若槻(華麗) 1勝1S
    敗戦投手: 木村(麦酒) 2勝4敗

2017.1.8 多摩川緑地9号面野球場

Cグループ最終戦にてさわやかリーグリーグ戦最終戦となりました。華麗衆 vs LAGERSの対戦。勝てば優勝の華麗衆。対戦成績五分のLAGERSと対戦。
試合は初回から激しく動く。
先攻は華麗衆。先頭若槻が四球で出塁し二盗、三盗を決める。さらにワイルドピッチがありいきなり1点先制!さらに肥後がふり逃げ、平田が四球とつなぎ4番和田も、内野ゴロ。それぞれ進塁で1アウト2,3塁。5番津田はきっちり犠牲フライで2点を先制!
対するラガーズは成田、土屋、田中が凡退し無得点。
2回の華麗衆。先頭宮崎は三振も続く藤田がふり逃げで出塁。金子が安打で繋ぎ若槻がタイムリー、さらに肥後もタイムリーで2点。和田、津田も四球でつなぎさらに1点。合計3点を追加。
その裏のラガーズは先頭4番の武田がセンターオーバーのツーベースで出塁!も、後続が続かず金子の前に無得点。
3回の華麗衆は峯村がヒットで出塁、藤田、金子が四球で続き若槻がこの日2本目のタイムリーツーベースでさらに2点追加。続く肥後の内野ゴロで金子が生還し3点目。末永もタイムリーで続き止まらない。津田も失策で1点追加。長谷川のタイムリースリーベース、峯村の安打で取りも取ったり7得点。12-0と一方的な試合展開に。
一矢報いたいラガーズだが、金子の前にランナーを出せず3回も無得点。
4回から若槻がリリーフした華麗衆。ラガーズ先頭の田中に安打を浴びるも後続を3者三振に仕留める快投。
最終回の華麗衆は津田、長谷川、峯村が出塁し朝見が押出しの四球を選び1点、さらに若槻も四球を選び2点を追加し14-0。
最後は若槻が3人で仕留めてゲームセット。
Cグループは最後までもつれたが、華麗衆の優勝で幕を閉じる。
ラガーズは最後まで投打が噛み合わずリーグ戦2勝4敗で終戦。

【華麗衆談】
ラガーズさん、寒い中対戦ありがとうございました。
新年早々の試合で緊張しましたが、効率的に得点できたことが勝因です。
ありがとうございました。

【LAGERS談】
寒さの中ご苦労様でした。完敗です!

contents_border_ft.png


さわやかリーグではリーグ参加チームを募集しております。
一緒にリーグを盛り上げていきましょう!