2017年度 さわやかリーグ

交流戦カード決定!

Aグループ vs Bグループ
グループの威信を掛けた熱い戦いが幕を開ける!!!

DSC_0041.JPG




Aグループ
Bグループ
都田名球会 9/10 済 デビルヤンキース
タイムリー 12/3 済 東京プレジャーズ
ミランズ 12/3 済 ERRORS
岩井原バインズ 10/8 済 潮田チクサク
富士見ジョイナス 12/10 済 華麗衆
GIANⅡ 8/27 済 ベーランズ

Aグループの試合結果はこちら!

Bグループの試合結果はこちら!

a.jpg

【第6戦】

富士見ジョイナス(A) vs 華麗衆(B)

    勝利投手:-
    敗戦投手:-

2017.12.10 とんび池公園野球場

本試合で今シーズンのさわやかリーグ全日程終了となる交流戦5試合目。富士見ジョイナスvs華麗衆の対戦。
勝てばグループAに続いて完全優勝となる華麗衆。勝って貯金を作り、来シーズンに繋げたい富士見ジョイナス。どちらも投打のバランスが良いチームなので接戦必死か。さて、注目の一戦やいかに。

先攻:華麗衆 先発:金子 後攻:富士見ジョイナス 先発:宮崎で試合開始。
1回
華麗
初回に先制して勢いに乗りたいところ!しかし、1番渡部、2番肥後、3番津田と三者連続三ゴロで三者凡退…。

富士
対する富士見ジョイナスの先頭打者宮崎は、いきなり右中間を破る!宮崎はその後、盗塁と暴投で三塁に進み、3番渡辺にショート後方へ落ちるヒットでラッキーな先取点を奪う!更に二死二塁から、5番山下がセンター前へ運んで初回から2点先制!

2回
華麗
4番甲斐が相手のミスにより出塁するも、和田、山野、末永と凡退して得点ならず。

富士
7番楠本は左フライ、8番小泉は三振、9番宮崎は遊ゴロと三者で締め、金子のエンジンがやっとかかってくる。

3回
華麗
一死から9番佐藤がショートの悪送球で出塁するも、渡部と肥後の1、2番コンビが続かず、無得点でチェンジ。
富士
1、2番がサクッと抑えられ、3番渡辺がセンターオーバーの三塁打を放つも、4番白鳥がセカンドゴロに打ち取られ2回に続き無得点に終わる。

4回
華麗
3番津田はまたしても三ゴロ…4番甲斐が四球で出塁するも、5番和田が引っ張った打球はセカンド正面へ。4-6-3のダブルプレーでこの回も結局三者凡退。

富士
先頭の5番山下は、左中間を破る三塁打を放ち無死三塁。6番香川は死球するも、華麗衆の金子投手の牽制で刺される。しかし、続く7番楠本にセンター前へタイムリー。その後、9番宮崎のライト前ヒットで二死一三塁の展開となるも、1番野村がセカンドゴロに倒れる。この回1点追加し、突き放しにかかる。

5回
華麗
一死から7番末永がライトへ三塁打を放ち、いきなり一死三塁を作り出す!続く金子の打席で末永が暴投で生還!後続は倒れて反撃は1点に留まる。

富士
一死から3番渡辺は四球を選ぶと二塁に盗塁成功。4番白鳥の三ゴロの間に二死三塁。5番山下のところで捕逸で1点追加。奪われた点をすかさず奪い返し再び3点差に。

6回
華麗
先頭1番渡部はライトへの流し打ちがヒットとなり出塁し二塁への盗塁も成功。続く2番肥後は投手前にセーフティバント。これがフィルダースチョイスとなり、肥後は無死一三塁から二塁に盗塁成功で二三塁!ここで3番津田の打球はセンター前へ!渡部生還しホームイン、セカンドからも肥後が本塁突入を試みるも、センター山下が本塁にレーザービーム一閃で肥後は憤死…。二死二塁から5番和田は投手エラーを誘い一三塁。ここで6番山野のセカンドへの内野安打で一点差、更に7番末永がこの日二本目の流し打ちとなるライトへのタイムリーヒット一挙3点追加!
何と、何とこの回に同点に追いつく!

富士
投ゴロ、投フライで順調にツーアウトをとるも、9番宮崎はしぶとくライト前ヒット!ここでこの回最終回のコール。更に1番野村の打球がライトへのヒットとなり、ライト山野が懸命に追うがボールが転々。一縷走者が帰ればサヨナラ。さ~どちらが早いか?
一塁走者が三塁を回る前に山野が追いつき、懸命に中継者に送球。何とか間に合う。二死二三塁で2番平。ここは金子が踏ん張り、三ゴロでチェンジ!時間切れで試合終了。

【富士見ジョイナス談】
対戦ありがとうございました。
華麗衆さんランナーの方も守備の方も怪我に繋がるのでスライディングの練習して下さい。ヒット9本、四死球3、盗塁4つ決めて4点しか取れない情けない試合でした。
やはりノーサインではこれが限界なのかなと思わされた試合でした。
一年間ありがとうございました。

【華麗衆談】
ジョイナスさんお疲れ様でした。どの打者も振れていて守っていて怖かったです。
宮崎さんも球も速く打てる気がしませんでした。対戦ありがとうございました。

contents_border_ft.png

C.jpg

【第5戦】

タイムリー(A) vs 東京プレジャーズ(B)

    勝利投手:菅原(プレ) 1勝
    敗戦投手:木村(適時) 2敗
    本塁打 :木村(適時) 2号

2017.12.03 大井ふ頭B面野球場

交流戦5試合目はタイムリーvs東京プレジャーズの対戦。
ここまで勝ち星が無い両チームの対戦。最終戦に勝って忘年会でおいしいお酒が飲みたい両チーム。ミスを極力無くして序盤の失点を抑えられるがカギ。注目の一戦、一体どうなったか。
先攻:タイムリー 先発:木村 後攻:東京プレジャーズ 先発:菅原で試合開始。

1回
適時
2番青柳のショートゴロと3番木村の四球で二死一二塁。更に5番鈴木も四球を選んで二死満塁となり、いきなり先制点のチャンスを迎えるが、6番榊は空振り三振で無得点。

プレ
対して東京プレジャーズの攻撃は、タイムリー木村投手の前に三者凡退。

2回
適時
7番大林が四球を選び、8番石井がセンター前ヒットを放ち、この回も無死一二塁のチャンス。しかし、9番荒波はセカンドゴロのゲッツーで二死三塁に。1番中野も一塁ゴロに倒れ、この回も無得点。

プレ
4番加藤はレフト前ヒットで出塁するも、後続が倒れこの回も無得点。

3回
適時
2番青柳がセンター前ヒットで出塁。3番木村の放った鋭い打球はレフト頭上へ・・・。大きいぞ、レフトが悠々諦めた打球はそのままスタンドイン。その後の打者は打ち取られたが、願ってもない先制点がタイムリーに入る。

プレ
東京プレジャーズは8番瀧井と9番菅原が四球を選ぶ。ここで1番前島を代打に送り更に四球を選んで無死満塁。すると2番青木はレフトへのタイムリーヒットで二人が生還し同点。更に3番中尾、5番中川のセンターへのタイムリー、サードゴロエラー等でこの回一挙7点を奪い逆転に成功!

4回
適時
先頭の8番石井は三振に倒れたが、9番荒波がレフト前ヒットで出塁。1番中野から何と11人連続出塁でこの回一挙9点を奪い逆転に成功。11-7に。残り時間あとわずかサクッと終われば勝機あり。

プレ
先頭の1番前畠をショートゴロに打ち取られたと思いきやエラーで出塁。タイムリーにとってこれが大きなエラーとなる。続く2番青木をセカンドゴロに打ち取るも、3番中尾がライトへの起死回生のツーベースヒットで一死二三塁に。続く4番加藤の放った打球はライトに。
カキーーーーン
物凄い音ともにライト頭上を越えるスリーランで一点差に。
と、ここで試合終了を告げるアラームが。主審から試合終了のコールがあり、。ゲームセット!凄まじい打撃戦は、大会規定により直前の成立した3回までの結果における判定となるため、東京プレジャーズが勝利!!

【タイムリー談】
4回のヒットを皮切りに、大量得点しましたが、時間切れで無効になってしまったのが残念です。機会があればぜひリベンジしたいです。

【東京プレジャーズ談】
タイムリーさんお疲れ様でした。
時間制限にて試合終了になりましたが、最後まで目が離せない試合でした。
後半は打撃戦で楽しかったです。

D.jpg

E.jpg

contents_border_ft.png

a.jpg

【第4戦】

ミランズ(A) vs ERRORS(B)

    勝利投手:柳(失策) 1勝1敗
    敗戦投手:申(未蘭) 2勝2敗

2017.12.03 とんび池公園野球場

交流戦4試合目はミランズvsERRORSの対戦。
どちらもここまで2勝3敗のため勝って星を五分にしたい両チーム。
どちらも打線が繋がると手が付けられないチームだけに投手の立ち上がりがカギ。注目の一戦、一体どうなったか。

先攻:ミランズ 先発:申 後攻:ERRORS 先発:柳で試合開始。
1回
未欄
エラーズ先発柳に三者凡退に抑えられる。

失策
対してエラーズの攻撃は、1番藤原がライトのエラーで出塁すると、2番飯田のサードへの当たりが内野安打となり二人でチャンスメイク。すかさず3番柳のサードゴロ、4番相川のセンターへの犠牲フライで2点先制。

2回
未欄
4番申がセンター前ヒットで出塁するも後続打者が続かず、この回も無得点。

失策
6番本庄はレフトに大きな当たり!軽々レフトの頭を越えてツーベース。7番政家もセンター前ヒットで続き、この回も無死からチャンスメイク。しかし、8番中村をサードゴロ、9番中崎もショートゴロでチャンス潰れた、かに思えたがショートからの送球が逸れ2点追加。更に1番藤原のレフトへのツーベース、3番柳のライトへのスリーベースヒットなどでこの回一挙に5点奪って7-0に。


3回
未欄
そろそろエラーズ柳を攻略したいミランズ打線は、9番斎藤、1番長谷山、1番柳川の三連続ヒットで一死満塁のチャンスに3番光田!喉から手が出るほどほしい得点は、力んでしまったせいか浅いサードフライに打ち取られ、続く4番申もセカンドフライでこの回も無得点。

失策
二死二塁から9番中崎、1番藤原、2番飯田の三者連続タイムリーツーベース等でこのかいも4点を追加。

4回
未欄
一矢報いたいミランズは5番に代打鈴木の刺客を送る。すると、ここまで好投の柳から粘って四球をもぎ取ると、続く6番にも代打滝川を送ると連続四球を選ぶ。7番は林がレフト前ヒットで繋ぎ、無死満塁。9番斎藤への死球で押し出し、1番長谷山のショートゴロの間に追加点を奪いこの回3点返す。

失策
ミランズは二番手投手林にスイッチ。4番相川から始まる好打順であったが三者凡退に終わる。

5回
未欄
3番光田がセンター前ヒットで出塁するも、後続が打ち取られ無得点。

失策
8番中村が四球を選ぶもこの回も無得点。

最終回
7番林が四球、8番高本がファーストエラー潮田で出塁し、9番斎藤、1番長谷山の連続タイムリーヒットで2点返し一死二三塁に。ここでエラーズは飯田に投手交代。3番光田のショートゴロの間に三塁走者がホームを踏み、更にワイルドピッチでこの回一挙4点返して4点差。続く松本に期待がかかるが、あえなく三振でゲームセット!!

【ミランズ談】
初回のミスで流れがエラーズさんに持って行かれました。
その後も滅多打ちにあいました。
3回は無得点も、徐々に流れをもってきて4回の得点に繋げられました。
リリーフの林が思っていた以上に良いピッチングだったので、相性なのか、得点差が開いたからなのか4回からの試合展開を今後も出来ればと思いました。
エラーズさん有難う御座いました。

【ERRORS談】
土曜日の活動が主の為、日曜日に中々主力が集まらずこれまで苦戦していましたが、今回は主力級メンバーが集まり、打線も繋がって理想的な試合運びが出来ました。
尚、ミランズさんのショートのダイビングキャッチプレーが光っていました。(監督談)

b.jpg

contents_border_ft.png

bc1.jpg

【第3戦】

岩井原バインズ(A) vs 潮田チクサク(B)

    勝利投手:榊原(潮田) 2勝2敗
    敗戦投手:武藤(岩井) 1敗
    本塁打 :堅山(岩井) 1号、川野(潮田) 1号、松尾(潮田) 1号

2017.10.08 東調布公園野球場

交流戦3試合目はAグループ古豪の岩井原バインズとBグループ今季初参戦の潮田チクサクの対戦となった。どちらも投手がカギとなる両チームの戦いは古豪が勝つのか初参戦が勝つのか。
先攻:バインズ 先発:田中 後攻:チクサク 先発:榊原で試合開始。

1回
岩井
2番貮又が四球を選び、序盤から制球の定まらない榊原を攻め二死一塁から4番竪山がレフトにカキーン!!!!
レフトフェンスオーバーでいきなりの先制点がツーランホームラン!!
2点先制!!

潮田
先頭小出は四球を選び、2番レフトフライを打ち上げるも、レフト鳥山が落球。続く川野はサードゴロに打ち取るも際どいタイミングでホームに送球。これがセーフとなり1点返す。4番松尾のレフトへの2点タイムリーで逆転。
エンジンのかかった潮田打線は潮の流れのごとく止まることを知らない。
続く榊原、平野の連続タイムリーで6点。

ここで打者一巡したところで剛腕武藤に交代。しかし、潮田打線が止まらない。川野と松尾のレフトへの連続柵越えホームランが飛び出し、気付けばこの回何と一挙11点!

2回
岩井
潮田の投手榊原を再び崩したいバインズ打線は6番長島から。
しかし、復調した榊原から全くタイミングが合わず三者凡退に。

潮田
バインズ武藤も復調し、四球を出すも随所で切れのある球でこの回無得点に。

3回
岩井
1番田中が四球を選びすかさず二塁に盗塁するも2番貮又がサードフライ。3番福島も四球を選び、二塁を陥れるも盗塁死。この回も無得点。

潮田
強力潮田打線は5番山田恭からであったが、投手武藤は絶好調。山田恭と小杉が三振を喫し、前の回に続きこの回も2三振で無得点に抑える。

4回
岩井
初回にレフトスタンドに叩き込んだ4番竪山からの好打順。竪山はこの回もセンターに弾き返し孤軍奮闘。しかし、鳥山、長島の連続三振。武藤のセカンドゴロでこの回も得点を奪えず。

潮田
疲れが見えてきた武藤から1番助人の武藤にセンターにホームランを浴びる。後続を断ち、2-12に。

5回
岩井
先頭中村が死球で出塁するも、中尾、田中が力負けの投手フライ。貮又もサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。

【潮田チクサク談】
岩井原バインズさんお疲れ様でした。
初回に2点を先制され、悪い流れでしたがその裏にまさかのビッグイニングで逆転勝利することができました。
バインズさんの打線は積極的に振ってくるので恐怖でした。ありがとうございました。

【岩井原バインズ談】
鈴木、水上が不在、福島が油摂りすぎ不摂生で登板回避。しょうがないので田中が先発。
しかしチクサクさんが上手すぎてぼこぼこ。豪腕武藤も準備不足で被弾。
若くて上手いいいチームでした!
竪山のホームランだけが唯一の盛り上がりでした。
水上のくじ運の悪さをチーム全員でたたります。

bj2.jpg

contents_border_ft.png

image1.JPG

【第2戦】

都田名球会(A) vs デビルヤンキース(B)

    勝利投手:古庄(悪魔) 2勝
    敗戦投手:天冨(都田) 1敗

2017.09.10 都田公園

交流戦2試合目はAグループ王者都田名球会とBグループ無冠の帝王デビルヤンキースの対戦となった。
チームカラーの違う両チーム勝つのは王者か無冠の帝王か。
先攻:都田 先発:天冨 後攻:デビヤン 先発:古庄で試合開始。
1回
都田
1アウトから上田が内野安打で出塁。2アウト後石渡涼が四球を選び先制のチャンス。しかし5番天冨はサードフライに倒れ無得点。
デビヤン
先頭和田がいきなりのセンター前ヒット。さらに2番山村が強襲安打で続き3番橋爪。ここはきっちり犠牲フライでいきなり1点先制!さらに続く幸村がタイムリーツーベースで2点目。渡辺、山崎と連続四死球で1アウト満塁。続く小林の内野ゴロの間に1点を追加し初回、3点を先制!!王者都田に対しひるまず立ち向かう!!
2回
都田
今日の古庄は抜群の出来。2アウトから安打を許すも都田打線を封じ無失点。
デビヤン
初回とは打って変わって三者凡退。
3回
都田
またも2アウトから市川が安打で出塁。続く石渡涼。この男やはり只のおかわりではない。
好調古庄から右中間へ痛烈な打球。1塁から市川が本塁を狙い走る。しかし!今日のデビヤンは集中力が違う!センターから中継を経てバックホーム!!タッチアウト!!!!!
追撃ののろしを上げさせない!!
デビヤン
あれ?三者凡退。
4回
都田
そろそろ追いついておきたい都田。やはり試合巧者は流れを読むのが一級品。ここまで完璧に抑えられてきた古庄を追い込む。天冨、石渡智、城山と連続四球でノーアウト満塁のビッグチャンス。願ってもないチャンスで迎えるは笠原。やはりこの男、只者ではない。カキーン!!
投ゴロ・・・・。万事休す・・・と思いきや、古庄まさかの本塁悪送球!!1点を返しなおも満塁。そして若林がタイムリーツーベース!これで同点。絶対絶命から奇跡の3得点で同点に追いつき試合を振り出しに。
デビヤン
嫌な流れで同点に追いつかれたデビヤン。ここは一発欲しいところ。先頭の山崎がツーベースで出塁。しかし後続が続かず無得点。嫌な流れを払拭できない。
5回
都田
逆転したい都田は2アウトからチャンスメイク。石渡智の打球が相手ミスを誘い、さらに代打庄司が四球を選ぶ。しかし2アウトからでは厳しいか。得点に至らず。
デビヤン
1アウトから山村。橋爪連続四球も後続倒れ無得点。次の1点が勝敗を分ける・・・・。
6回
都田
先頭の千葉がツーベースで出塁!1アウトから内野ゴロで2アウト3塁とすると続く市川の打席でワイルドピッチ!!!千葉はホーム突入!!クロスプレー!!!
ビデオ判定の結果・・・・・
・・・・・
・・・・・
アウト~(*_*;
都田、逆転ならず・・・。
デビヤン
ピンチの後にはチャンス到来。1アウトから小林が四球で出塁。枝川の際、天冨痛恨ボークでランナー2塁へ。枝川は相手ミスで出塁し1、3塁のビックチャンス!!!
ここで投手天冨。痛恨の2回目ボーク!!!ランナー帰り4-3!!次の1点はデビヤンに。
7回 最終回
都田
不運な形で勝ち越しを許したが、試合巧者はあきらめない。しかしはや2アウト。ここで天冨執念の四球を選ぶも万策尽きゲームセット。7回に及ぶ死闘はデビヤン勝利で幕を閉じた・・・。

【デビルヤンキース談】
やりました!勝ちました!うれしいのでもう一度言います!都田名球会さんに勝ちました!
初回に先頭の和田が出て、山村がチャンスを広げ、橋爪と幸村が返すという理想的な攻撃ができました。
それから点が奪えず、4回に同点にされましたがひっくり返されることなく古庄がよく踏ん張りました。まあピンチを招いたのは古庄本人なんですが..(笑)
とにかく勝ててよかったです。
ただいつひっくり返されるかずっと全員で怯えてました..
また天冨さんのスライダーキレ良すぎです。あんなん打てません。

【都田名球会談】
試合間隔があいていたとはいえ、動きも判断力もデビヤンさんが上でした。
守りでは、先発の不安定な立ち上がり、内野の失策が失点に繋がる悪い展開。
攻撃は、古庄投手がコントロールに苦しんでいた4回に一気に勝ち越せなかったのが
大きかったですが、記録には残らない走塁の細かいエラーも響きました。
反省点しか残らない試合となってしまいました…。。。

image2.JPG

contents_border_ft.png

1504120090390.jpg

【第1戦】
GIANⅡ(A) vs ベーランズ(B)

    勝利投手:-
    敗戦投手:-

2017.08.27 多摩川緑地7号面

記念すべき交流戦1試合目はAグループGIANⅡとBグループベーランズの対戦となった。
力の拮抗した両チーム、果たして勝つのは・・・どっちだ。
先攻:GIANⅡ 先発:金子 後攻:ベーランズ 先発:棚橋で試合開始。
1回
G2
先頭小松原が倒れるも続く肥後が安打で出塁。しかし後続が続かず無得点。
ベーランズ
先頭宇平が四球を選ぶも後続倒れ無得点。両投手安定した立ち上がりを見せる。
2回
G2
長谷川がノーアウトから相手ミスで出塁も続く甲斐が痛恨のゲッツー。無得点。
ベーランズ
三者凡退。
3回
G2
三者凡退。
ベーランズ
2アウトから宇平が四球で出塁も無得点。緊迫した投手戦が続く。
4回
G2
1アウトから和田が相手ミスで出塁。すると前打席でゲッツーを献上した町田が値千金のタイムリーツーベースで1点先制!均衡が破れる。
ベーランズ
先制されたベーランズも負けてない。先頭加賀がツーベースで出塁。坂野のタイムリーでースで1点を返し同点。さらに棚橋のツーベースでノーアウト2,3塁のチャンスも後続が続かず同点どまり。
5回 最終回
G2
先頭の久保が相手ミスで出塁。2アウトも肥後がつなぎ1,3塁に。ここで相手ミスにより勝ち越し!
ベーランズ
先頭川野が相手ミスで出塁。G2と同じ展開に。2アウトから加賀が四球でつなぎ坂野のタイムリーで再び同点に。最後はG2金子がなんとか踏ん張り2-2で試合終了。

【GIANⅡ談】
ベーランズさんお疲れ様でした。今回は勝てると思いましたが甘かったですね。
棚橋さんの球打ちずらかったので次回は違う投手でお願いします。
対戦ありがとうございました。残り試合頑張って下さい。

【ベーランズ談】
さわやかリーグ3試合目で初めて投手戦となり、楽しく試合ができました。
なかなか打ち崩せない中、エラー絡みで先制されてしまい悪い流れでしたが、なんとか粘ることができました。
緊張感のある、締まった試合でしたが、ジャイアン2さんの堅い守備には苦しみました。
棚橋が調子よく、なんとか接戦に持ち込めて良かったです。
引き続き、よろしくお願い致します。

1504120083948.jpg

1504120090390.jpg

contents_border_ft.png


さわやかリーグではリーグ参加チームを募集しております。
一緒にリーグを盛り上げていきましょう!