Aグループ
都田名球会
岩井原バインズ
タイムリー
富士見ジョイナス
ミランズ
GIANⅡ
【Sawayaka-League 2017】

Aグループ 都田 岩井 適時 富士 未蘭 GⅡ 交流 勝敗分 勝点 得失点
都田名球会 -------- 2-0
8-6
5-4
5-0
0-4
悪魔
3-4
4-2-0 12 5
岩井原バインズ 0-2
-------- 8-1
3-9
3-2
2-6
潮田
2-12
2-4-0 6 -13
タイムリー 6-8
1-8
--------  0-13
3-26
4-15
プレ
2-7
★ 
0-6-0 0 -61
富士見ジョイナス 4-5
9-3
13-0
-------- 0-7
2-0
華麗
4-4
3-2-1 10* 13
ミランズ 0-5
2-3
26-3
7-0
-------- 0-1
失策
7-11
★ 
2-4-0 6 19
GIANⅡ 4-0
6-2
15-4
0-2
1-0
-------- 走塁
2-2
4-1-1 13 18
交流戦 悪魔
4-3
潮田
12-2
プレ
7-2
華麗
4-4
失策
11-7
走塁
2-2
-------- 4-0-2 14 20
【Sawayaka-League 2016】 

GROUP Bへ

new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif
new022_11.gifnew022_11.gif

contents_border_ft.png

gj1.jpg

【第15戦】
GIANⅡ vs 富士見ジョイナス

    勝利投手:佐藤(富士) 1勝
    敗戦投手:山野(GⅡ) 1敗

2017.11.19 愛川1号公園野球場

Aグループ第15戦はGIANⅡvs富士見ジョイナスの対戦。
既にAグループ優勝が決まったGIANⅡ、ここまで不戦敗以外は圧倒的な投手力と打線を誇る富士見ジョイナス。注目の一戦、一体どうなったか。

先攻:GIANⅡ 先発:山野 後攻:富士見ジョイナス 先発:佐藤で試合開始。

1回
GⅡ
富士見ジョイナスの佐藤投手は左の本格派。投球練習から直球と変化球ともキレのある投球を連発。先頭渡部はサードゴロエラーで出塁。2番定廣の投手ゴロが進塁打になり一死二塁の願ってもないチャンス。しかし津田、和田の連続三振で無得点。

富士
対する富士見ジョイナスは山野投手の立ち上がりを攻めたいところ。しかし、山野の遅球についていけず三者凡退。

2回
GⅡ
佐藤投手のキレのある球に三者凡退。二回で4三振を喫する。バットに当たらな~い。

富士
前の回同様二死とするも、6番野村の放った浅いライナーをセンター津田が逸らし二死三塁に。続く打球はサード肥後への当たりの弱いゴロ。誰もがチェンジ、と思ったその瞬間、肥後が後逸。タイムリーエラーとなり先制。続く坂田は甘く入った球をレフトにタイムリーヒット!この回2点先制。

3回
GⅡ
9番山野の四球と2番定廣のセンター前ヒットで二死一二塁のチャンスに再び3番津田。この日最速の球でビンビン攻められ、力のない打球は投手に。この回も無得点。

富士
1番からの打順で2番平がセンター前ヒットを放つも後が続かず無得点。

4回
GⅡ
4番和田からの打順であったが2打席連続三振。続く末永が逆らわず放った打球がセンター前に落ちる。6番小松原も2打席連続三振で二死。肥後は技ありの逆方向のヒットで二死二塁とするも8番林は投手ゴロで無得点。

富士
緩急と打てそうで打てない富士見ジョイナス打線は5番香川から。「魔球」と称したボールに空を切り三振。この回も無得点となる。山野絶好調。

5回
GⅡ
前の回粘った山野は追い込まれて当てるだけの投手ゴロ。1番渡部はショートへの内野安打を放って一死一塁。何とか1点を奪いたいため進塁したかったが、佐藤の絶妙な牽制の前に渡部は盗塁できず。後続も倒れる。
富士
疲れの見えてきた山野から9番楠本がセンター前ヒットで出塁。一死から2番平の打球は左中間への二塁打。3番佐藤は歩かされて一死満塁。4番松沢は山野の球を捉えてセンターへ大きいフライ。センター津田が捕球しすかさず本塁に。ストライク返球で三塁走者楠本が生還できず。続く香川はサードゴロに打ち取り、山野の粘投が続く。

6回
GⅡ
三者凡退。

富士
三者凡退

最終回
GⅡ
佐藤はこの回も登板。GIANⅡは前の打席でヒットの肥後から。しかし、肥後、代打佐藤、山野が三者凡退となりゲームセット! 佐藤は完封勝利!

【GIANⅡ談】
ジョイナスさんお疲れ様でした。
佐藤さんの球低めに決まっており個人的にはたまたま打ちましたが(笑)なかなか打つことが難しいですね。
香川さんも強肩で走る気が全くしませんでした。次はお手柔らかにお願いします。

【富士見ジョイナス談】
寒い中、対戦ありがとうございました。投手佐藤の9奪三振完封勝ちが収穫かなと思います。相手に合わせない投げっぷりが良かったです。
打線の方は、ボチボチ。打てなくても仕方ないでしょう・・・。
回は交流戦とはいえ、同じチームとの対戦。12月10日宜しくお願いします。

【第14戦】
ミランズ vs 富士見ジョイナス

    勝利投手:-
    敗戦投手:-

2017.11.12 都田公園グラウンド

Aグループ第14戦は富士見ジョイナスvsミランズの対戦。
ここまで1勝1敗だが残り全勝で優勝の可能性のある富士見ジョイナス、ここまで1勝3敗だが老獪のピッチング大物食いを果たしたいミランズ。

であったが、富士見ジョイナスが人数ギリギリで遅刻者の到着を待つミランズ。
しかし、無情にも試合開始時間に間に合わず、ミランズの不戦勝が決定!
試合ができずに優勝戦線から外れる口惜しさ( ノД`)シクシク…
合同練習を実施。

【ミランズ談】
残念でした。

【富士見ジョイナス談】
申し訳ございませんでした。

contents_border_ft.png

TT1.jpg

【第13戦】
都田名球会 vs タイムリー

    勝利投手:矢部(都田) 2勝
    セーブ :天冨(都田) 2敗1セーブ
    敗戦投手:木村(適時) 1敗
    本塁打 :木村(適時) 1号、上田(都田) 1号

2017.11.05 川崎御幸公園野球場

Aグループ第13戦は都田名球会vsタイムリーの対戦。
同球場の前の試合でGIANⅡがバインズに勝ったため、優勝の可能性が無くなった都田名球会。ただ、元王者としての意地を見せて少しでも上位ランクに食い込みたい所。一方ここまで勝ち星のないタイムリーは、ここで勝って何とか最下位を免れたい所。注目の一戦、一体どうなったか。

先攻:都田名球会 先発:矢部 後攻:タイムリー 先発:木村で試合開始。
1回
適時
先頭中野がいきなりライトへのツーベースで出塁。続く戸川はショートフライに倒れるも、3番大川がレフトへのタイムリーヒットで開始早々先取点を奪う。更に二死から5番木村がレフトへのヒットで一三塁とし、6番岩附がレフトへのタイムリーヒットでこの回幸先よく2点先制!
よし、いけるぞ~~~!

都田
タイムリー先発木村は、簡単に二死を奪い、続く3番の打球がサードゴロに。三者凡退と思ったが、サード青柳が一塁に悪送球で二塁に進塁。続く4番上田のライト前ヒットで青柳が帰り、一点差に。続いて5番左の「おかわり君」こと石渡兄を一塁ゴロでチェンジ。

2回
適時
都田の先発矢部は復調し、8番榊から三者連続で投ゴロに打ち取る。

都田
流れに乗りたい都田は、内川バリの巧みなバットコントロールを有する庄司から。しかし、適時の先発木村も三人で切り抜ける。

3回
適時
追加点を奪いたいタイムリーは、この回2番からの好打順。2番戸川はライトフライに打ち取られるも、先制タイムリーを放った3番大川がレフト前ヒットで出塁。4番青柳のセカンドゴロの間に二死二塁とすると、5番木村の打球はレフトへの大飛球。大きい、大きい、入った~。願ってもない追加点がツーランホームランとなり4-1に。

都田
点差を詰めたい都田は、先頭の9番高橋こそ四球で出塁するも後続が続かず、またしても無得点。こりゃやばいぞ…。

4回
適時
7番石井、8番榊が二者三振で打ち取られ、9番荒波が振り逃げ、1番中野がセンター前ヒットでつなぐも2番戸川がサードゴロで無得点。まだまだタイムリーに波が来ているか。

都田
この回の先頭は初回に先制タイムリーを放った4番上田。ここまで粘投の木村から上田が放ったライトへの大きな放物線が、そのままライト柵越えのホームランで2点差に。その後5番石渡弟と6番庄司を打ち取るも、7番城山がセンターへの二塁打で出塁。続く笠原はショートへの内野安打に。その後、高橋が四球を選び、二死満塁からワールドピッチ、1番矢部のショート内野安打でこの回一挙4点で逆転に成功。4-5に。

5回
適時
3番大川が四球を選び、4番青柳を打ち取られるも、先ほど本塁打の5番木村は四球を選び一死一二塁に。6番岩附は初回に続き、レフトへの同点タイムリーを放つ。

都田
逆転したい都田は、先程本塁打の4番上田から。ショートゴロを放つも、岩附が悪送球で二塁に。5番石渡の投手ゴロの間に二塁走者上田が三塁へ進塁。一死三塁で庄司が投手後方への叩きつける打球の間に上田が生還。都田らしい攻撃で再び逆転に成功!

6回
適時
都田はこの回から天富がリリーフのマウンドに。タイムリー打線は8番榊からであったが、天富を攻略できずに三者凡退に。

都田
8番笠原が四球、盗塁で無死2塁から高橋のライト前タイムリー。さらに矢部が送りバントで1死3塁。ここで石渡智の内野ゴロの間に追加点。5-8。

7回
最終回
適時
2番戸川と3番大川がファーストゴロエラーで出塁して無死一二塁。4番青柳は投手ゴロに打ち取られるも、ここで絶好調の5番木村。ライトオーバーのタイムリーツーベースで1点を返し、更に一死二三塁。続く6番岩附は、初回と5回にタイムリーを放って期待できるところ。しかし、ショートゴロに倒れ二死に。
更に一発が出れば同点の場面であったが三振に倒れゲームセット。

【都田名球会談】
タイムリーさん、ありがとうございました。
先発の矢部が立ち上がりから、タイムリー打線に捕まり、打たれる、打たれる。。。
切れ目のない打線は凄かったです。
想定していなかった点の取り合いとなり、貧打都田としては厳しい展開でした。

【タイムリー談】
細かいミスが目立ち、取れる試合を落とす様な形の負け方をしてしまったのが悔しいです。
次は勝てるように頑張りたいです!

TT2.jpg

contents_border_ft.png

GV1.jpg

【第12戦】
GIANⅡ vs 岩井原バインズ

    勝利投手:金子(G2) 4勝
    敗戦投手:水上(岩井) 1勝2敗
    本塁打 :堅山(岩井) 2号

2017.11.05 川崎御幸公園野球場

Aグループ第12戦はGIANⅡvs岩井原バインズの対戦。
毎年、シーソーゲームで最終的に投手力が上のバインズが勝利していたが、今年はどうか。
GIANⅡは1分けから三連勝中でグループ制覇に向けて負けられない。
バインズは勝てば優勝の可能性があるため、これ以上負けられない。
がしかし、バインズメンバーが一人寝坊。。まさか不戦敗で今シーズンが終わってしまうのか。試合前に両チームで話し合い、何とか制限時間ギリギリで試合が成立。

先攻:GIANⅡ 先発:金子 後攻:岩井原バインズ 先発:水上で試合開始。
1回
G2
先発水上が遅刻選手の焦りからか序盤から制球が乱れる。先頭小松原と2番肥後が四球を選ぶと重盗で無死二三塁に。ここでワンバンドのスライダーを捕逸で小松原が生還。更に4番甲斐がセンターにタイムリーヒット。しかし、徐々に水上の力強い球が決まりだし、後続を断ち切る。

岩井
一方のG2先発金子は1番水上を変化球でピッチャーゴロに打ち取り安心するのも束の間。2番竪山がツーシームを2試合連続となるレフトへのソロホームランで追い上げ。3番鳥山もレフトへの鋭いヒットで同点のチャンスに。初回からシーソーゲームの予感。しかし、金子も復調し、4番福島をサードゴロ、5番鈴木を三振に打ち取る。

2回
G2
8番若手ホープの定廣からの好打順も三振。9番金子もピッチャーゴロで二死。1番小松原が2打席連続出塁するも2番肥後が三振に倒れる。水上絶好調。
岩井
6番左の田中から上位打線に繋いで同点に追いつきたいバインズ。内角高めの直球をうまく腕をたたんでライトへの二塁打。願ってもない同点のチャンスであったが、7番長島、8番中村、9番井上を三振に打ち取り、金子も絶好調。

3回
G2
3番町田から始まる好打順。引き離したいG2であったが、水上の鋭い変化球や直球がマックスに手を焼き三者凡退。ん?嫌な予感が…

岩井
1番水上が出てきっかけを掴みたいところ。スイッチヒッターの水上は、左打席に立ち、ファーストへの鋭い打球を放つも、ファースト山野が好捕。続く2番は前の打席ホームランの竪山。変化球をひっかけてショートゴロに倒れると3番鳥山はレフトフライに打ち取り、金子のエンジンが全快に。

4回
G2
そろそろ追加点欲しいなぁ~。
先頭渡部が死球で出塁。続く打者はこの日寝坊で先発を外された都田が末永に代わって出場。すると直球を見事にセンターに打ち返す。続く定廣の内野ゴロが野選となり1点追加。更に捕手の送球が逸れる間に定廣が一気に本塁に生還し、この回3得点。

岩井
先頭の4番福島が四球を選ぶ。反撃開始と行きたいバインズであったが、5番鈴木がショートゴロのゲッツー崩れで一塁走者が鈴木に入れ替わる。すると、6番田中の打席で鈴木がスタート。しかし、田中は一塁走者がスタートしていることに気づかず三塁フライに。鈴木が戻れず最悪のWプレイに。

5回
G2
5番山野から始まる打順であったが、代打の切り札植木が登場。初球から豪快なスイングを放つも空振り。これに水上も答える。この日マックスの直球で見逃し三振に打ち取る。一死から6番渡部が投手内野安打で出塁すると、続く津田のサードへのラッキーな内野安打で一三塁として、続く定廣のセカンドゴロの間に渡部が生還。

岩井
主審から最終回のコール。7番長島は投手ゴロで一死。
8番中村がセンター前ヒットで出塁。9番井上の打球はセンター前に落ちそうな打球であったが、センター甲斐が手を伸ばして地面スレスレで何とキャッチ。中村は三塁に盗塁し1番水上の打球は平凡なセカンドフライ。
誰しもがゲームセットと思ったその瞬間、セカンド定廣がまさかの落球で漸く追加点。
続く打者はホームランを放った竪山。変化球で追い込まれ、最後が金子の最速となる直球に空振り三振でゲームセット。
やはりバインズとの試合はただでは終わらない。そんな試合だった。

【GIANⅡ談】
バインズさんお疲れ様でした。
初回にホームラン打たれた時はどうなるかと思いましたが追加点取れたのが勝ちに繋がったと思います。次の試合も頑張ってください。
ありがとうございました。水上さんの変化球相変わらずキレキレですね(笑)

【岩井原バインズ談】
水上がストライクが先行せず、ランナーが溜まった所に一打喰らうピッチングで敗北。
悔しい結果です。
二試合連続ホーマーの竪山はさすがです!
全員衰えてるので、鍛え直しが必要です。

GV2.jpg

contents_border_ft.png

tj1.jpg

【第11戦】
タイムリー vs 富士見ジョイナス

    勝利投手:宮崎(富士) 1勝
    敗戦投手:比嘉(適時) 3敗
    本塁打 :白石(富士) 1号

2017.10.08 中田中央公園野球場

Aグループ第13戦はタイムリーvsジョイナスの対戦。
これまで3連敗と精彩を欠くタイムリー、これまで1勝1敗だが元王者都田名球会を苦しめジョイナス。どちらも投手がカギを握るこの試合、一体どうなったか。
タイムリーはこれ以上負けられない。最下位を脱出したい。
ジョイナスはグループ初制覇に向けて負けられない。

先攻:タイムリー 先発:今季三試合目の比嘉 後攻:ジョイナス 先発:今季初先発の宮崎で試合開始。

1回
適時
先頭石井がいきなりセンター前ヒット。3番比嘉が四球を選んで二死一二塁のチャンスに、4番宮武はキャッチャーフライ、5番田所が放った鋭いライナーはファースト白鳥のグラブに納まり無得点。ジョイナス先発の宮崎、無難な立ち上がり。

富士
先頭山下がいきなり放ったレフトへ大きな当たりがツーベースに。続く2番平がレフトにタイムリーで先制。更にクリーンナップで追加点を奪いたかったが比嘉の巧みな投球に打ち取られ、一点止まり。

2回
適時
同点に追いつきたいタイムリーは、この回6番大林から。しかし、宮崎の投球術に成す術なく三者連続に打ち取られる。

富士
追加点を奪いたいジョイナスは、6番青木がサードゴロに打ち取るも…サード田所がファンブルし出塁。8番楠本がセンター前ヒットで繋ぎ一死一二塁で9番宮崎の放った打球はセカンドゴロ。ゲッツーで終わったかと思いきやセカンド松浦がまさかのファンブル。更に1番山下の打球もセンター大林が落球で1点追加。更に負の連鎖は続く。平凡なセカンドゴロ、レフトフライも落球し、この回5失策で4点追加され0-5に。

3回
適時
ジョイナスの宮崎投手が更にエンジンがかかる。先頭の9番松浦と1番石井に三振を奪いこれで5連続三振。直球・変化球とも切れが増しバットに当てさせないミスターK出現!2番関口がライト前ヒットを放つも3番比嘉はセカンドゴロでこの回も無得点。

富士
一死から7番野村が四球を選び、8番楠本がライト前ヒットで繋ぎ、二死二三塁から1番山下がセンターに2点タイムリーで0-7に。

4回
適時
流れを掴みたいタイムリーだったが4番宮武と5番田所内野ゴロで二死。6番大林はセンター前に抜け、センター山下が大林の走塁を見てファーストにレーザービーム!これがアウトとなって三者凡退。

富士
好調のジョイナス打線はクリーンナップからの好打順。4番白鳥がセンターに二塁打を放ち二死二塁から6番白石。
カキーン!!!!
大飛球がそのままフェンスオーバーしツーランホームラン!
0-9に。

5回
適時
先頭の7番荒波がセンターにツーベースを放ち。いよいよ追い上げムード開始、といきたかったが、滝沢、松浦、石井と3連続三振でまたしても無得点。

富士
先頭の9番宮崎がセカンドエラーで出塁。投手比嘉は粘りの投球を見せて二死満塁となりレフトフライで漸く無失点、と思いきや、またしてもレフトフライの落球で2点追加。0-11。

6回
適時
好投していた宮崎から渡部に投手交代。投手交代を機に得点を奪いたいタイムリーは、関口がこの日2本目となるセンター前ヒット。しかし、3番比嘉はサード併殺、宮武が三振とこの回も無得点。

富士
楠本がファーストゴロエラーで出塁。宮崎のライトオーバーのスリーベース、1番山下の犠牲フライで2点追加。

最終回
適時
再度先発の宮崎に投手交代。宮崎の勢いが止まらずこの回も三振を奪い無得点。ミスターKから10三振でゲームセット…。

【タイムリー談】
残塁が多くあと一本が出ない惜しい試合でした。残りの試合数は少ないですが、これからも頑張ります。ジョイナスさん、対戦ありがとうございました。

【富士見ジョイナス談】
タイムリーさん対戦ありがとうございました。投手陣は完封リレーで投手不在の中、良く抑えていたと思います。
打線は緩い球にタイミングが合わず苦労しましたが、エラーに助けられ得点を挙げる事が出来ました。
これで2勝1敗!残り全勝で決勝リーグに進みたいです。

contents_border_ft.png

1509397207442.jpg

【第10戦】
GIANⅡ vs 都田名球会

    勝利投手:金子(G2) 3勝
    敗戦投手:天冨(都田) 2敗

2017.10.01 小田球場

Aグループ第10戦はGIANⅡvs都田名球会の対戦。
毎年、なんだかんだと都田がGIANⅡを圧倒していたが、今年はどうか。
GIANⅡはグループ制覇に向けて負けられない。
都田はこれ以上負けられない。
絶対に負けられない。
何を言われるかわからない。

先攻:GIANⅡ 先発:j金子 後攻:都田名球会 先発:天冨で試合開始。
1回
G2
先頭小松原が四球も後続が倒れ無得点。都田先発の天冨、無難な立ち上がり。
都田
2アウトから南が相手ミスで出塁も後続続かずこちらも無得点。G2先発金子、こちらも無難な立ち上がり。
2回
G2
5番からの好打順も三者凡退。天冨絶好調。
都田
こちらも5番からの好打順も三者凡退。金子絶好調。
3回
G2
渡部が相手ミスで出塁し金子が手堅く送って先頭小松原へ。ズバン!三振!続く肥後、ズバン!三振!!連続三振でチャンス生かせず。
天冨、神の領域へ。
都田
2アウトから石渡智、吉原連続安打でチャンス到来!!ここで好打者南を金子が抑え無得点。
都田、チャンス生かせず。
金子、菩薩の領域へ。
4回
G2
そろそろ1点欲しいなぁ~。
先頭津田が四球で出塁。盗塁、相手ミスで三進!!ノーアウトでチャンス到来!!!!
ここで四番甲斐がきっちり内野ゴロ。津田が何とか生還しノーヒットで1点を先制!
天冨、神の領域から抜ける・・・。
都田
この日、絶好調の金子。強力都田打線を三者凡退に。
仏の領域に。
5回
G2
追加点が欲しいなぁ~。仏がつぶやく。
すると先頭末永が四球を選び代走定廣。すかさず二盗。さらに相手ミスも重なり1アウト1,3塁のチャンス。ここで小松原がタイムリー!!続く肥後、津田にもタイムリーが飛び出しこの回3点を追加し4-0!
なんだかんだで毎年ボロ負けの都田相手に何という状況。
都田
2アウトから千葉が安打も後続続かず無得点。う~ん。金子が良すぎるのか。都田が絶不調なのか。
6回 最終回
G2
1アウトから山野が安打も無得点に終わる。最終回の守備を迎える。
都田
あれよあれよと最終回。反撃の糸口すら見つけられずグロッキー状態。
仏の金子にかわされ続け三者凡退でゲームセット。
仏が神に勝った、そんな試合だった。(どんなだよ!)

【GIANⅡ談】
都田さんお疲れ様でした。
終始うちのペースで試合運べたのとおかわり君を抑えたのが勝ちに繋がったと思います。
次の試合も頑張ってください。ありがとうございました。
庄司さんいたら負けていたかもしれませんでした(笑)

【都田名球会談】
GⅡさん毎年恒例の対戦ありがとうございました。完敗ですね。
スコアには残っていない7回表の怒涛の攻撃もあり・・・
今週の区民大会、月末の市大会が非常に心配です。。。

1509397212015.jpg

contents_border_ft.png

1509397192013.jpg

【第9戦】
岩井原バインズ vs ミランズ

    勝利投手:福島大(岩井) 1勝
    敗戦投手:林(未蘭) 1敗

2017.09.10 今川公園野球場

Aグループ第9戦は岩井原バインズvsミランズの対戦。
試合巧者ミランズと剛腕押せ押せのバインズ。どちらが勝利を収めるか!?
先攻:ミランズ 先発:林 後攻:岩井原バインズ 先発:福島大で試合開始。
1回
ミランズ
松本、いきなり内野安打で出塁。続く柳川は手堅く送って1アウト2塁。3番に託す。が、後続が福島大にねじ伏せられ無得点。先制ならず。
バインズ
2アウトから鈴木がツーベースで出塁も後続倒れ無得点。どちらもチャンスを生かせず。
2回
ミランズ
1アウトから鍵野がツーベースで出塁。鈴木は相手ミスで1,3塁のチャンス到来。しかし後続が倒れまたも無得点。とれそうで取れない。
バインズ
先頭福島大が安打で出塁。1アウトから福島の打球は相手ミスを誘い1点を先制!!さらにこの回2本のタイムリーが飛び出し3点を奪い試合の主導権を握る。
3回
ミランズ
三者凡退。
バインズ
1アウトから堅山が死球。福島大がこの日2本目の安打でつなぐ。2アウトから福島が四球で満塁のチャンス。しかし後続倒れ無得点。
4回
ミランズ
なんとか1点欲しいミランズは高本四球、鍵野死球でノーアウト1,2塁のチャンス。しかし、後続が続かずここでも無得点・・・。ホームベースが遠いミランズ。
バインズ
ミランズこの回から申にスイッチ。先頭田中が安打も後続続かず無得点。
5回
ミランズ
1本が出なかったミランズだが、執念を見せる。松本四球、1アウトから目黒四球で1,2塁のチャンス。ここで林がタイムリーを放ち1点を返す。さらに高本四球で満塁。さらにリリーフ申が押し出し四球を選び2点目。押せ押せミランズ!!しかし!ここでバインズ剛腕鈴木を投入。
ミランズ鈴木、光田を抑えゲームセット。圧巻の火消しでバインズ薄氷の勝利!!!

【岩井原バインズ談】
久々先発の福島が、毎回ランナーを出し、得点圏にランナーを進めるも、大事なところで抑える。チーム内がびっくりのまさかの好投。
最終回は満塁にして鈴木へ交代w
鈴木がきっちり抑えて勝利。
打線は出来たチャンスをきっちり返せたが、何とか逃げ切りって感じでした。

【ミランズ談】
バインズさんは比較的若い方の多いチームで、2回の失点はエラーからたたみ込まれました。6回に1点差まで追い上げましたが、リリーフの方に抑えられ、その裏の攻撃が終了したところで時間となりました。
声も出ていて、雰囲気の良いチームだと思いました。
また機会があれば対戦したいと思います。有難う御座いました!

1509397188697.jpg

contents_border_ft.png

1504120104072.jpg

【第8戦】
岩井原バインズ vs 富士見ジョイナス

    勝利投手:渡辺(富士) 1勝
    敗戦投手:水上(岩井) 1勝1敗

2017.08.27 相模三川公園

Aグループ第8戦は岩井原バインズvs富士見ジョイナスの対戦。
ジョイナスはようやく2戦目。これから波に乗っていくためには負けられない。
先攻:岩井原バインズ 先発:水上 後攻:富士見ジョイナス 先発:渡辺で試合開始。
1回
バインズ
三者凡退。
ジョイナス
安定の立ち上がり不安定な水上を攻め立てる。
先頭楠本が四球、白鳥倒れ1アウト。宮崎も倒れ2アウト。簡単に終わるかと思われたが
4番渡辺は内野安打で出塁。すると、水上、安定の不安定感がここから発症。佐藤四球、小泉の当たりは内野のミスを誘う。さらに2連続四球を発症し、止めの開坂タイムリースリーベースでこの回7点を先制。バインズ、そんなに悪くはなかった水上の立ち上がりをみんなで悪くさせる共同作業で大量失点・・・・。
2回
バインズ
しかし、あきらめないバインズ。が、2者凡退で2アウト。続くフタマタが四球を選び、田中はエラーを誘い2,3塁のチャンス到来。ここで鈴木がタイムリーで2点を返す!
ジョイナス
バインズは水上をあきらめ鈴木にスイッチ。
この試合は2アウトから動く。ジョイナスも2アウトとなったが続く渡辺がツーベースで出塁。佐藤の当たりはミスを誘い結局2点を追加!再び突き放す。
3回
バインズ
1番からの好打順も初回同様3者凡退。
ジョイナス
先頭が安打で出塁も後続が続かず無得点。
4回
バインズ
1アウトから水上が汚名返上の相手ミスで出塁。フタマタが安打でつなぎ田中がタイムリーで1点を返す。
ジョイナス
2アウトから渡辺が四球を選ぶも無得点。流れはバインズか。
5回
バインズ
先頭の井上が安打で出塁。ここからイケイケか!?1番にもどりここから安定の三者凡退・・・。1,2,3が完全に封じられる。
ジョイナス
こちらも負けじと先頭佐藤が安打。しかし後続が続かず無得点。両投手の踏ん張りで試合がテンポよく進む。
6回
バインズ
1アウトから正真正銘汚名返上水上がツーベースでチャンスメイク。ここでフタマタは粘るも三振。田中も倒れ無得点。次の1点が遠い。
ジョイナス
この回先頭の松澤がスリーベースで出塁。これはビックチャンス。しかーし、今日は当たりが止まった3番白鳥、4番宮崎が倒れ後続も続かず得点ならず・・・。嫌なムードが漂う。
7回 最終回
バインズに流れは傾いたか最終回。
1アウトから井上が安打で出塁。先頭へ回す。しかーし、今日は1,2番は完全に沈黙。
相手投手の前に1,2,3番が0出塁。最後はレフトフライでゲームセット。

【岩井原バインズ談】
先発水上は、四球が多く、そこにエラーが絡む不運な立ち上がり。。
暑さで横着した投球があだに。。
鈴木は良く投げてくれましたが、打線が援護できずでした。

【富士見ジョイナス談】
初回の四球とエラーで大量点出来たので、なんとか勝つ事出来ました。
バインズさんの両投手とも力強い球でとても良い投手でした。打者の方々もスイングが鋭く変化球でかわすのがやっとでした。
1勝出来て良かったです。これから勝ちを積み重ねて行きたいと思います。
バインズさん対戦ありがとうございました。

contents_border_ft.png

1502323582630.jpg

【第7戦】
タイムリー vs ミランズ

    勝利投手:申(未蘭) 1勝2敗
    敗戦投手:中野(適時) 1敗
    本塁打 : (未蘭)鍵野 1号、石山 1号 (適時)戸川 1号、大川 1号

2017.08.06 ガス橋緑地7号面

Aグループ第7戦はタイムリーvsミランズの対戦。
両チーム好投手を擁しながら今期未だ未勝利で迎えた対戦。どちらが1勝をもぎ取るか。
試合はとんでもない展開に・・・。
先攻:ミランズ 先発:申 後攻:タイムリー 先発:中野で試合開始。
1回
ミランズ
タイムリーは先発予定がまさかの不参加となり、急遽中野を送る。
しかし準備不足からか制球が定まらず先頭から4連続四死球でいきなり1点献上。
さらにエラーを挟んで3連続四球と大大大乱調。9番石山にはタイムリーを浴びノーアウトで打者一巡。タイムリーたまらず投手交代。岩附を送り込む。が、ミランズの勢いは収まらず
1番長谷山はタイムリースリーベース、柳川もタイムリーで続く。光田は死球で未だノーアウト。ようやくアップ完了の岩附。ここから3人で抑えスリーアウトに。
しかし、いつの間にか10点を奪われる(T_T)
タイムリー
1点づつでも返していきたいタイムリーだったが3者凡退・・・。
2回
ミランズ
先頭小柴は相手ミスで出塁も申、石山と倒れ2アウト。
試合は落ち着くのかと思いきや・・・個々からまさかの展開に。
長谷山が内野安打。柳川は相手ミスで出塁すると光田のタイムリーで2点追加。高本、鍵野が相手ミスで出塁し鈴木は四球。嫌~な予感が・・・。
打者一巡して小柴が内野安打。申も相手ミスで出塁。続く石山はダメ押しのスリーラン!!
まだまだ終わらない。長谷山四球で柳川タイムリーツーベース、光田もタイムリー、高本安打でつなぎ鍵野もタイムリーでこの回まさかの13点・・・・。
とんでもない試合展開に。
タイムリー
2回ではやくも23-0と大差をつけられたタイムリー。ミランズ先発申に手も足も出ず三者凡退に終わる。
3回
ミランズ
攻撃の手を緩めないミランズ。小柴が安打、石山も続く。しかし後続が倒れこの回無得点。
タイムリーは何とか反撃へのリズムを変えていきたい。
タイムリー
が、申の前に三者凡退・・・・。
4回
ミランズ
光田、高本と連続安打でチャンスを作るも後続倒れ無得点。ようやく試合が落ち着きを取り戻す。
タイムリー
守備からリズムができてきた。ここまで無安打に抑えられてきたタイムリー。先頭戸川が一閃。レフトオーバーのホームランで1点を返す。さらに関口が安打で続き大川の安打でチャンス到来。1アウトから岩附のタイムリーツーベースでこの回2点目!まだあきらめないぞ。
5回
ミランズ
大量リードのミランズ。さすがに攻撃も単調になってくる。1アウトから石山がツーベースで出塁も後続続かず無得点。流れはタイムリーか。
タイムリー
なんとかビックイニングを作りたいところだが申の前に三者凡退。流れは再びミランズへ。
6回 最終回
ミランズ
1アウトから高本の3本目のヒットで出塁。続く鍵野がレフトオーバーのツーランホームラン。
完全に流れをミランズに持ってくる1発。さらに申にもタイムリーが出てこの回3点。リードを磐石なものに。
タイムリー
一矢報いたいタイムリー。1アウトから大川がライトオーバーのホームランを放ち1点を返す。ツーアウトから岩附が安打でつなぐが後続倒れゲームセット。
ミランズは序盤の大量リードで安定の試合運びで今季初勝利を挙げる。
タイムリーは先発の急遽変更がもろに失点につながってしまった・・・。

【ミランズ会談】
タイムリーさんのエースピッチャーが急遽来れなくなり、緊急登板したピッチャーがボロボロでした。
2回で試合は完全に決まってしまい、その後は多少淡泊に進行した結果、点数の割りに6回まで行ったのだと思います。
次回はエースピッチャーがちゃんと来れるよう手配頂き、改めて試合できればと思います。
たまにはこんな日も良いのではと思いました。

【タイムリー談】
メンバーがギリギリ、ピッチャー不在というアクシデントはありましたが、
エラーが多くなってしまい余計に点数を取られているのが良くない試合でした。
さらに練習を積み重ね、エラーを一つでも無くして行きたいと思います。

1502323591927.jpg

1502759441849.jpg

1502759446117.jpg

1502759436261.jpg

contents_border_ft.png

都田vsジョイナス.jpg

【第6戦】
都田名球会 vs 富士見ジョイナス

    勝利投手:矢部(都田) 1勝
    敗戦投手:開坂(富士) 1敗
    セーブ : 山村(都田) 1勝1S
    本塁打 : 矢部(都田) 1号

2017.07.23 小野路球場

Aグループ第6戦は強豪都田名球会vs前評判の高い富士見ジョイナスの対戦。
ジョイナスは今シーズン初参加の初戦をようやく迎えることに。
強豪同士の対戦はどのような結末になるのやら・・・・

先攻:都田名球会 先発:矢部 後攻:富士見ジョイナス 先発:開坂で試合開始。
1回
都田
1アウトから庄司が四球で出塁も盗塁失敗。続く上田も四球を選ぶも後続が倒れ無得点。
富士見
先頭渡辺が内野安打で出塁。続く佐藤も内野安打でつなぎ先制のチャンス!1アウトから4番白鳥の打球は相手ミスを誘い1点を先制!!富士見ジョイナスが幸先よく先制する!!
2回
都田
1点を失った都田はすかさず2回に反撃開始。
1アウトから大山、笠原の連続四死球でチャンスメイク。ツーアウトとなり富士見先発開坂に抑え込まれるかと思ったところで9番矢部の一撃!!打球はレフトフェンスを越える逆転スリーラン!!すかさず試合をひっくり返す都田。さらに反撃は続き石渡智が相手ミスで出塁、盗塁を絡め2番庄司。打球はふらふらっと上がった飛球も内野後方に落ちラッキーなヒット!!
その間に石渡がホームを突き4点目をもぎ取る!!
富士見
逆転を許した富士見、1アウトから小泉が安打で出塁も後続が倒れ無得点。4-1。3点差となる。
3回
都田
さらに突き放したい都田は1アウトから大山の内野安打、笠原の四球でチャンスメイク。高橋が送って2アウト2,3塁!続く打者は初回ホームランの矢部。しかしここは開坂が踏ん張り無得点。
富士見
反撃の糸口を探す富士見も早くも2アウト。ここから底力を見せる。3番白鳥が安打で出塁。続く4番楠本はレフトオーバーのツーベースで1点を返す!!さらに香川が相手ミスで出塁し1,3塁のチャンス。続く宮崎はきっちりタイムリーでこの回2点目。
4-3。試合を盛り上げる!!!
4回
都田 投手交代:渡辺(富士見)
突き放したい都田は2アウトから天冨が四球を選びすかさず盗塁!続く山村の打球処理をミスする間に生還し1点を追加!取られたら取り返す!部外者から見ると非常に面白い好ゲーム!!
富士見
先頭白石が内野安打で出塁。1アウトから佐藤は相手ミスを誘い1アウト1,2塁のチャンス。3番松澤に期待がかかるが打ち取られ2アウト。しかし4番白鳥がいる!鮮やかタイムリーで1点を返す!!5-4。まだ試合はわからな~い。
5回 最終回
都田
時間的にここが最後。先頭大山がヒットで出塁。も後続倒れ無得点。あとは守備で乗り切るしかない。
富士見 投手交代:山村(都田)
最終回を力で押す山村にスイッチした都田。吉と出るか凶と出るか。
先頭香川、宮崎と連続外野フライに倒れ2アウト。続く小泉も打ち取られゲームセット。

都田名球会は2回のスリーランで主導権を握れたのが大きかった。これで無傷の3連勝。どこが都田を止める!?
富士見ジョイナスは先発開坂、リリーフ渡辺共に安打はそれほど打たれていないが四死球が明暗を分けてしまったか。しかし、まだ初戦。しり上がりに調子を戻しそうな予感・・・。

【都田名球会談】
ジョイナスさん対戦ありがとうございました。ジョイナスさんの力強く叩き付けるバッティングに苦しめられました。
うちも見習うべきTHE 軟式のバッティングでした。
試合こそ、2回の出会い頭ホームランで逆転出来ましたが、終始押される厳しい展開でした。
それとチームとしても久々にサブマリンと対戦させて頂き、貴重な経験となりました。
登板されたお二人以外に、エースがいらっしゃるということで、恐るべしですね…。

【富士見ジョイナス談】
都田名球会様、素晴らしい球場提供ありがとうございました。
素晴らしい球場なのに、投手のリズムは悪く四死球の多い投球。さらに守備陣はエラーエラーのオンパレード。エース不在の中でどうしたら勝てるのか、考えさせられる試合でした。
都田名球会様の矢部投手はコントロールが良く3ボールになっても四球にならない粘りのピッチングとスリーランにやられました。
次の試合はノーエラーを目標に頑張りたいです。

contents_border_ft.png

g2 vs timely.jpg

【第5戦】
GIANⅡ vs タイムリー

    勝利投手:金子(GⅡ) 2勝
    敗戦投手:比嘉(適時) 2敗
    本塁打 : 町田(GⅡ) 1号

2017.07.09 多摩川緑地7号面

Aグループ第5戦はGIANⅡvsタイムリーの対戦。
昨年のこのカード、タイムリーの怒涛の攻撃にGIANⅡはなすすべなく敗れたが果たして今年は??
先攻:タイムリー 先発:比嘉 後攻:GIANⅡ 先発:金子で試合開始。
1回
タイムリー
1アウトから荒島が相手ミスにより出塁。続く戸川が四球を選び1,2塁。続く木村も相手ミスで満塁に。すると宮武がタイムリーツーベースで3点先制!!幸先よく得点し昨年を彷彿させる試合展開に。
G2
いきなり追い掛ける展開のG2は先頭肥後、山野が連続安打で1,2塁。3番津田のタイムリーツーベースで2点を返す!続く長谷川は相手ミスで出塁。そして末永がタイムリーツーベースで同点に!こちらも怒涛の攻撃で3点を奪い試合を振り出しに戻す。
2回
タイムリー
9番大林から始まるも三者凡退。
G2
こちらも9番金子から始まるも肥後が死球で出塁するが後続続かず無得点。
3回
タイムリー
突き放したいタイムリーは1アウトから木村の安打、2盗塁で1アウト3塁。続く宮武の犠牲フライで1点。勝ち越しに成功する。
G2
1点を追うG2は先頭の長谷川が相手ミスで出塁。その後2アウトとなり町田。狙いすました一振りはフェンスの無い緑地を転々と転がり逆転のツーランホームランとなる。
4回
タイムリー
逆転を許したタイムリーは7番田所からの打順も三者凡退!
G2
突き放したいG2は1番肥後からの好打順。1アウトから山野が四球を選び津田がセンターオーバーツーベースで2,3塁。長谷川、入口と連続で相手ミスを誘い2点を追加。後続も続きこの回6安打2四球4エラーと取りも取ったり9得点。試合を決定づける。
5回
タイムリー
突き放されたタイムリー。何とか大量得点が欲しいところ。石井が振り逃げ。荒島が四球でノーアウト1,2塁のチャンス!しかし後続が倒れ無得点に終わる・・・。
G2
2アウトから町田の四球、甲斐のタイムリーで1点追加。
6回 最終回
タイムリー
1アウトから関口が四球を選ぶも後続倒れ万事休す。

GIANⅡは序盤を絶え凌ぎ中盤に大量得点が取れて勝利をもぎ取る。
タイムリーは初回のチャンスでもっともっと得点が欲しかったが、守備のミスが最後は響いた。

【GIANⅡ談】
味方のエラーもありましたが、いきなり3点のビハインドになったときは、負けたかと思いました。
若手が同点ホームラン、猛打賞と打ってくれ、波に乗ることができました。
序盤の拙攻で接戦となっていたら危なかったです。
またの対戦、よろしくお願いします。

【タイムリー談】
タイムリー側のエラーが多かったです!まずはエラーを減らして出直してきます!
またの対戦、よろしくお願いします。

contents_border_ft.png

1492383499508.jpg

【第1戦】
GIANⅡ vs ミランズ

    勝利投手:金子(GⅡ) 1勝
    敗戦投手:申 (未蘭) 1敗

2017.04.16 東俣野中央公園グラウンド

Aグループ第一戦はGIANⅡvsミランズの対戦となった。
昨年のこのカード、お互い拮抗した試合展開だったが最後はGIANⅡが逃げ切った。
さて今年はどうなるか・・・。

先攻:GIANⅡ 先発:金子 後攻:ミランズ 先発:申で試合開始。
1回
GⅡは1アウトから肥後が死球で出塁。盗塁で2進も津田がフライでランナー進められず。
ここで4番和田のあたりは内野のミスを誘い肥後が一気にホームへ。1点を先制する。
その裏、ミランズは先発金子の前に3者凡退。

ちなみにこの試合、この球場は特殊ルールが存在。外野フェンスオーバーを阻止する為の苦肉の策として、投手と捕手の間にネットが垂れ下がり少しでも飛球になれば即触ネットとなる。
その際、インフィールドに落ちればアウト、それ以外はファールという特別ルールが採用された・・・。どちらもその網にかかり非常にたんぱくな試合運びとなる・・・。

2回
G2・・・三者凡退。
ミランズ・・・三者凡退。

3回
G2 1アウトから小松原がこの試合初ヒットで出塁。二盗、三盗を決めビッグチャンス到来も後続が倒れ無得点。
ミランズ この回先頭の坂本が死球で出塁、続く申も四球を奪いノーアウト1,2塁のチャンス!
チャンスで小柴は凡退。長谷山も続けずツーアウト。柳川も凡退で無得点・・・。重苦しい雰囲気に包まれる。

4回
4番和田からの好打順!
ズバン! 三振。
5番田中!
ズバン! 三振。 
まだまだ!6番松原!
スバン! 三振。三者連続三振。
ミランズ 1アウトから高本が死球で二盗、続く光田も四球を選び1アウト1,2塁と再びチャンス到来。しか~し、今日はネットが大活躍。2者連続で網に掛かり無得点。ミランズ、まだノーヒット・・・。

5回
G2 末永、三振振り逃げで出塁。さらに1アウトから金子がチーム2本目のヒットで続く。しかし小松原が内野ゴロ。肥後は死球で繋ぐも3番津田がブレーキの3凡退で無得点。
ミランズ 先頭申がこの日2個目の四球で出塁。しかし後続続かず・・・。

異様に試合展開が速い6回
G2 田中が相手ミスで出塁するも無得点。
ミランズ 最後の攻撃となる。先頭林倒れ、続く高本も内野ゴロ。ツーアウト。光田が死球をもらい1塁も最後は鍵野が倒れゲームセット。

GIANⅡは角1の1点を死守し勝ち切った。先発金子はノーヒットノーラン達成。
ミランズは初回のミスからの1失点のみ。四死球を多くもらったのでそれを突破口になんとか1点が欲しかった・・・。

【GIANⅡ談】
ミランズさんお疲れ様でした。
昨年同様先発の申さんにやられた感じでした。だいぶネットに助けられちゃいましたね・・・(*_*)。桜散る中での野球もよかったですね(笑)
ありがとうございました!

【ミランズ談】
初回、エラーで失点してしまい、結局それが決勝点となってしまいました。
スコア的には接戦でしたが、内容的には完敗でした。
野球に対しての姿勢がまず違うと思いました。
GIANⅡさんは、何が何でも出塁しようという意識と、次の塁へ進めるといった野球の根幹がうちとは違いました。
三振が多かったのも、手が出なかったのでは無く、一球でも多く投げさせようという気持ちが出てました。
今回の球場の特別ルールもありましたが、やはりルールに則り、その中で自分たちの出来うることを各々がしていくといった姿勢がとても素晴らしいと思いました。
次戦以降、うちでもそういう姿勢を出させていこうと思いました。改めて勉強になった試合でした。
両軍合わせて2安打、うちはノーヒットノーランから始まったので、今後、個人レベルで良い教訓となればと思います。
有り難う御座いました!

1492383495397.jpg

contents_border_ft.png

1493977744798.jpg

【第2戦】
都田名球会 vs ミランズ

    勝利投手:山村(都田) 1勝
    敗戦投手:申 (未蘭) 2敗
    セーブ :石渡智(都田) 1S

2017.04.30 多摩川緑地グラウンド11号面

Aグループ第2戦は今期初登場の都田名球会と2週連続の登場、ミランズの対戦。
ミランズは王者都田とは初対戦とあって気合が入る。
対する都田も百戦錬磨の申投手を研究し試合に臨む。

先攻:ミランズ 先発:申 後攻:都田 先発:山村で試合開始。
1回
ミランズは先頭長谷山と斉藤が倒れ2アウト。ここで3番林がライト前にヒット。続く4番高本は左中間を破るツーベースで2アウト2,3塁の先制のチャンス!
ここで鈴木の当たりはセカンド後方へ・・・セカンドがこける!!!やった!!先制!!っと思ったところでボールは転んだセカンドのところへ落ちて行きキャッチ・・・・。不運にも先制できず。
対する都田は、先頭千葉が内野安打で出塁。続く庄司は手堅くバント・・・。これが相手ミスを誘い、千葉が一気にホームイン!!好投手申から1点を先制する。

2回
ミランズ・・・三者凡退。
都田・・・5番石渡涼がエラーで出塁も後続続かず無得点

3回
ミランズ 先頭柳川がミスで出塁。2アウトから初回ヒットを放っている林だったがゴロに倒れ追撃ならず。
都田 1アウトから千葉が四球で出塁も後続倒れる。
4回
ミランズ 4番高本からの好打順もゴロに倒れ1アウト。続く鈴木も倒れ2アウトとなるが光田が安打で出塁。さらに申はミスでつなぎ2アウトながら得点のチャンス。しかし、小柴の打球は内野ゴロ。1点が遠い。
都田 追加点が欲しいところ。先頭山村、石渡涼が連続ミスで出塁。続く城山はゴロでアウトも1アウト2,3塁と追加点のチャンス。ここで都田の軍師が選んだのはスクイズ。打者は市川。1球に集中!!ズバン!!空振り~(T_T)
ランナーは三本間で挟まれる。が、ここでミランズに致命的ミス。挟殺で悪送球が出てランナー二人が生還。おおきな追加点が都田に入った。
5回
ミランズ この回から都田は石渡智がリリーフ登板。元祖リーグMVPの石渡智から得点を奪いたい。先頭柳川が四球で出塁。しかし続く長谷山は痛恨のダブルプレー。後続も倒れ波に乗れない。
都田 ミランズはこの回から先発申をあきらめ林にスイッチ。先頭矢部がいきなりのツーベース。千葉は相手ミスで出塁し、天冨は四球を選びノーアウト満塁。続く石渡智も四球を選び1点追加。ミランズすかさず長谷山にスイッチ。山村に犠飛を浴びるも後続を何とか抑える。
6回 最終回
ミランズ 林、高本、鈴木と続く好打順。しかし、石渡智が立ちはだかる。
2者連続三振と内野ゴロに仕留められゲームセット。

都田名球会は初回に幸先よく先制し、中押しダメ押しと理想的な展開。今年も王者盤石。
ミランズは初回に1点とれていれば流れはかわったかもしれない。今年はまだ始まったばかり。残り全勝でいこう。

【都田名球会談】
ミランズさん、強風の中ありがとうございました。
好投手の申さんの噂はリーグHP等で調査していたので、対策は立てたのですが、やはり苦戦しました。バント失敗、ポップフライ、内野ゴロのオンパレード。外野に打球を飛ばせず…。
得意の貧打で非常に課題の残る試合となりました。
貴重な左投手との対戦ありがとうございました。

【ミランズ談】
前回のGIANⅡ同様に初回、エラーで失点してしまいました。その後、じりじりとプレッシャーを掛けられ突き放されました。
何にせよ、こちらは初回の攻撃で、鈴木の二飛がポテンヒットにならず、転んだセカンドにフライがそのまま落ちるという何とも惜しい得点チャンスが全てでした。
リリーフされた石渡(智)さんは、山村さんよりも更に素晴らしいボールを投げており、これまた実力差を感じました。
正直、ここには勝てる気がしないので来年は別のリーグになれば良いなぁと個人的に感じております。対戦できたこと有り難く存じます!

1493977748443.jpg

contents_border_ft.png

1495180395877.jpg

【第3戦】
都田名球会 vs 岩井原バインズ

    勝利投手:矢部(都田) 1勝
    敗戦投手:鈴木(岩井) 1敗

2017.05.14 清水ヶ丘公園野球場

Aグループ第3戦は2週連続登場の都田名球会と、今季初登場岩井原バインズの対戦。
バインズは都田と久々の対戦。
対する都田は2連勝して勢いに乗りたい。

先攻:バインズ 先発:鈴木 後攻:都田 先発:石渡(智)で試合開始。
1回
バインズは好投手石渡(智)をどう打ち崩すか?
2アウトから3番鳥山が安打で出塁も後続倒れ無得点。
都田は先頭矢部が右中間を破るツーベースで出塁。続く石渡(智)の内野ゴロで三塁へ。
3番上田は死球となり、ビッグチャンス到来。ここで4番のおかわりこと石渡(涼)が痛恨のPゴロ・・・。さらに天冨も倒れまさかの無得点。嫌なムードがプンプン。

2回 両チームのエースがここから全力で飛ばす。
バインズ・・・2者連続三振後に鈴木が安打で出塁も続く井上も三振に倒れ無得点。
都田・・・三者凡退

3回 
バインズ、三者凡退。
都田、1アウトから石渡(智)が安打で出塁もゲッツーを食らい無得点。
4回
バインズ 1アウトから4番福島が安打で出塁も、ゲッツーをお返しされ無得点。
都田 三者凡退・・・。

5回
バインズ そろそろ得点が欲しいところ。疲れの見える石渡(智)から先頭のフタマタが四球を選び出塁。しかし、後続が完璧に抑えられチャンス拡大に至らず・・・。
都田 早くもツーアウト。8番笠原が四球を選ぶも矢部倒れ無得点。壮絶な投手戦が続く。
6回
バインズ この回から都田は矢部がリリーフ。先頭中村からの好打順も3者凡退。得点への糸口が・・・見えない。
都田 いよいよ追い込まれた元王者。しか~し。やはり土壇場に強い都田。この回、ビックチャンスを得る。
先頭石渡(智)が相手ミスで出塁。さらに上田は安打で繋ぎ、ミスも重なってノーアウト2,3塁のビッグチャンス!!ここで撃たなきゃおかわり返上と打席に入る石渡(涼)。カキーン!!!
打球は一塁線を破るタイムリー!!!とうとう得点が入る。打者おかわりは欲張って三塁を狙うもダッチアウト。最低限の失点で抑えたバインズ。あとは最終回の攻撃にすべてをかける。

7回 最終回
バインズ この回得点できなければ敗戦濃厚。しかし打順は4番福島からの好打順!
だがしかし・・・矢部の好リリーフの前に3者凡退で試合終了。

都田名球会は初回にチャンスを生かせなかったが最後のチャンスでおかわり爆発。何とか勝利をもぎ取った。
バインズは先発鈴木が強都田に果敢に挑み2失点の好投も打線が振るわず1敗目。

【都田名球会談】
初回のチャンスをつぶし、以降は全く攻撃の糸口をつかめないまま鈴木投手の好投の前に凡打の山でした。前の試合に続き好投手との対戦ありがとうございました。
何とか勝てて良かったです・・・。ホントに。

【岩井原バインズ談】
鈴木が好投してくれたものの、最後の最後に1本打たれてしまいました。。
都田さんには完璧に抑え込まれました。
貧打改善しないと勝てなさそうです・・・。

1495180401670.jpg

contents_border_ft.png

1495412188532.jpg

【第4戦】
タイムリー vs 岩井原バインズ

    勝利投手:水上(岩井) 1勝
    敗戦投手:比嘉(適時) 1敗
    本塁打 : 【岩井】中村光 1号、貮又 1号

2017.05.21 金沢産業振興センター

Aグループ第4戦は2週連続登場の岩井原バインズと、今季初登場タイムリーの対戦。
バインズは先週の接戦でいい流れが来ているか。
対するタイムリーは今シーズン初がどうでるか。

先攻:バインズ 先発:水上 後攻:タイムリー 先発:比嘉で試合開始。
1回
バインズは先頭中村光が安打で出塁。1アウト後鈴木も安打で繋ぎチャンス到来。ここで4番堅山がタイムリーツーベースで2点を先制!!早くも試合が動く。
タイムリーの前に好投手水上が立ちはだかる。2アウトから大川が四球を選ぶも後続立たれ無得点。
2回 
バインズは2アウトから井上が相手ミスで出塁すると先頭の中村光。カキーン!!打球は左翼を超え広いグラウンドを転がる。その間に中村がホームに帰りランニングホームラン!!
バインズは完全に勢いに乗った。タイムリーは2アウトランナー無しからの痛い2失点・・・。
反撃したいタイムリーの攻撃は水上の前に三者凡退。反撃の糸口が見えず。

3回 
この回もバインズは攻撃の手を緩めない。1アウトから水上がスリーベースヒットで出塁。すると続くフタマタ。カキーン!打球は外野の間を抜けまたも広いグラウンドを転がる。そう、ランニングホームラン!!電光石火の攻撃であっという間に2点を追加し6-0。試合を一方的に進める。
どうにかしたいタイムリーだがこの回も3者凡退で意気消沈ムードが漂う。
4回
バインズは1アウトから先頭中村がツーベースを放ち3安打。さらに福島大も安打で続き鈴木がタイムリー。1点を追加し7-0。
タイムリーはこの回も三者凡退。水上は前の回から5者連続三振の快投。

5回
タイムリー先発の比嘉も意地を見せる。水上に負けじと本塁打のフタマタから3者連続三振で流れを引き戻す。
タイムリーはこの日打撃陣が大不振。水上の前に3者凡退。5回まで9三振を喫する。

6回
バインズ 復調した比嘉の前に3者凡退。
何とかしたいタイムリー。先頭荒波が死球を受け出塁。2アウト後石井がこの日チーム初安打で繋ぎ3番大川が待望のタイムリー!1点を返すも後続倒れ1点どまり。

7回 最終回
バインズは1点を追加し8-1でタイムリー最後の攻撃へ。
1点でも多く返したいタイムリーは先頭の岩附が四球を選び出塁。1アウトから荒島が安打で繋ぎ1,2塁。荒波も四球を選び満塁のビッグチャンス!しかしギアを上げた水上が最後のバッターを三振で締めてゲームセット。

岩井原バインズは初回から小刻みに得点を積み上げ8-1で今季初勝利。水上の好投が光った。
タイムリーは水上に苦戦。計11三振を喫した打線の復調が勝利へのカギ。

【岩井原バインズ談】
水上がよく投げました。
ノーヒットノーラン狙ったんですが、良いバッターに打たれてしまいました。
打線もよく頑張ったと思います。ありがとうございました。

【タイムリー談】
とにかく得点が取れませんでした。次回への課題となりましたね。
守備の方は悪くなかったので打撃を頑張っていきます!

1495412193649.jpg

contents_border_ft.png


さわやかリーグではリーグ参加チームを募集しております。
一緒にリーグを盛り上げていきましょう!